カジノ

モンテカルロのカジノはどこにあるの?カジノの聖地モンテカルロについて徹底解説!

世界的に有名なカジノの一つ「カジノ・ド・モンテカルロ」は別名グランカジノとも呼ばれており、モナコ王国内モンテカルロの中心にあるカジノ広場に位置しています。カジノの営業時間は毎日14時から翌朝の午前4時までとなっています。

豪華で象徴的な建物となっており、世界で最も有名なカジノの一つとして知られて多くの方に利用されています。車や公共交通機関を使って簡単に行くことができ、モナコへ訪れる観光客にとって人気の観光地となっています。カジノ・ド・モンテカルロは18歳以上の成人であれば、誰でも入ることができ、さまざまなカジノゲームはもちろん、レストランやバー、宿泊することも可能となっています。

本場のカジノに行くのもワクワクしますが、2023年現在、円安がどんどん進んでいるため海外旅行のハードルも上がってきています。

それでもカジノで遊んでみたいという方には、オンラインカジノがおすすめです。

当サイトでは、おすすめオンラインカジノランキングページでおすすめのカジノを紹介しているので、そちらもチェックしてみてください。

カジノ・ド・モンテカルロへの行き方

モナコのカジノ・ド・モンテカルロへは地下鉄や車、タクシーなどさまざまな方法で行くことができます。ここでは、カジノ・ド・モンテカルロへの行き方をいくつかご紹介します。

ニース・コートダジュール国際空港から行く方法

カジノ・ド・モンテカルロは、空港から約20kmの場所に位置しており、リムジンやタクシーなどを使った場合およそ30分ほどで行くことが可能です。お金に余裕のある方はヘリコプターで行くこともでき、その場合約7分以内でカジノへ到着します。また、空港からカジノへ直通しているバスも用意されており、その場合はおよそ40分ほどで行くことが可能です。

鉄道を使っていく方法

モンテカルロのカジノについて解説 イメージ1

カジノ・ド・モンテカルロへはフランス国有鉄道 (SNCF) を使って行くことも可能です。最寄駅はモンテカルロ駅で、駅からは歩いて5〜10分ほどでカジノへ到着します。駅からの詳しい行き方は以下の通りです。

  1. モンテカルロ駅を出て左に曲がります
  2. そのまま直進するとカジノ広場が見えてきます
  3. カジノ・ド・モンテカルロはカジノ広場に面しており、右側にある象徴的な建物がカジノ・ド・モンテカルロとなります

モンテカルロ駅の周辺にあるタクシー乗り場でタクシーを拾い、直接カジノ・ド・モンテカルロへ行くことが可能です。数分ほどで到着し、料金は10〜15ユーロ (1,500円〜2,200円) ほどとなります。

モンテカルロ駅からはバスを使ってカジノ・ド・モンテカルロへ行くことも可能です。バス停は駅を出てすぐのところにあり、所要時間は約5~10分です。

車を使っていく方法

  1. フランスのニースからカジノ・ド・モンテカルロへ車で行く際には以下のルートで行くことが可能です
  2. 高速道路A8をモナコ方面に進みます
  3. 「Monaco-MonteCarlo」出口から出ます
  4. 「Casino」および「Monte Carlo」の標識に従って進みます
  5. モンテカルロ市内に入った後、道なりに進んでいくと左手にカジノ・ド・モンテカルロが見えてきます

モンテカルロ市内のカジノ広場付近では地元の方や観光客で大変混雑しているため、付近の駐車場に車を止め、カジノまで徒歩で向かうことをおすすめします。また、連休時や年末は駐車場を探すのが困難となる場合があるので注意しましょう。

船を使っていく方法

モナコへはフォンヴィエイユ港 (Port de Fontvieille) またはエルキュール港 (Port Hercule) から船を利用して行くことも可能です。カジノ・ド・モンテカルロまで船を使って行く方法は以下をご参考ください。

  • ヨットやプライベートボートなどを使う場合はカジノのすぐ近くにあるモナコ港まで向かいます。港からカジノまでは徒歩で10~15分程度、タクシーなどの交通機関では5分程度で行くことができます。
  • フランスのニースからモナコまで定期的にフェリーが出発しており、およそ45分ほどで到着します。モナコのフェリーターミナルからはカジノ・ド・モンテカルロまでは徒歩で行くことも可能ですし、タクシーを利用することもできます。
  • また、フランスのニースでは、日帰りでモナコまで行けるツアーもあり、カジノ・ド・モンテカルロやモナコの他の観光スポットを訪れることもできます。往復便のフェリー料金もツアー料金に入っていますので、多少お得にモナコを観光することができます。

混雑時や天候によって多少遅れることがあるため、船やフェリーを利用して行く場合は、スケジュールに余裕を持たせることをおすすめします。

ヘリコプターを使っていく方法

ニース・コートダジュール国際空港やヨーロッパの様々な場所からヘリコプターに乗り、カジノへ直接向かうこともできます。料金や時間は乗る場所によって大きく異なります。

ツアー内容によっては送迎が含まれていることも

いくつかのツアーには送迎が付いている場合があり、中にはヨットやヘリコプター、飛行機をチャーターしてくれる高級ツアーも存在します。

また、モナコ市内ではガイド付きの徒歩ツアーに参加することもでき、モナコ市内の大聖堂や宮殿など様々な歴史的建造物を見て回ることができます。

カジノ・ド・モンテカルロの入場条件は?

カジノ・ド・モンテカルロは誰でも入れるわけではなく、スニーカーやカジュアルすぎる服装だと入り口で止められる可能性がありますのでドレスコードには注意しましょう。また、年齢確認のために身分証明書の提示を求められることがありますので、パスポートを持参して行くことをオススメします。そのほかに以下の項目に当てはまる方はカジノ・ド・モンテカルロに入ることができませんのでご注意ください。

  • 18歳未満の方
  • 牧師や神父、司教などの聖職者
  • 国や階級を問わず、制服を着ている兵士や軍人
  • 目に見えて泥酔している方およびマリファナ、コカイン、ヘロインなどの薬物をおこなっている方
  • 出禁やブラックリストに登録されている方
  • 健康上の理由により、自分で意思決定を行うことができない方や意思の疎通ができない方
  • テロリストや指名手配犯
  • カジノで好ましくない行動をとる恐れがある方
  • モナコ在住者
  • モナコの公務員
  • モナコ政府関係者
  • ソシエテ・デ・バン・ド・メールの従業員や関係者 (ソシエテ・デ・バン・ド・メールとは、モナコにあるカジノやホテル、ツーリスト・アトラクションなどの権利を持つ不動産会社)

モンテカルロにはいくつのカジノがあるの?

モンテカルロ内には全部で4つのカジノが存在します。

モンテカルロ・ベイカジノ

モンテカルロのカジノについて解説 イメージ2

モンテカルロ・ベイカジノ、モンテカルロ・ベイホテル&リゾートの中にある超近代的なカジノです。現在、モンテカルロ・ベイカジノは閉鎖されていますが、営業していた頃は150台以上の魅力的なスロットとルーレットなどのテーブルゲームを楽しむことができました。

カジノ・カフェ・ド・パリ

モンテカルロのカジノについて解説 イメージ1

カジノ カフェ・ド・パリは、毎日午前10時から午前6時までオープンしているおすすめのカジノの一つです。480台以上の最新スロットマシンからブラックジャック、テキサスホールデム、バカラ、アメリカンルーレット、フレンチルーレットといったテーブルゲームを楽しむことが可能です。

カジノ・ド・モンテカルロ

モンテカルロのカジノについて解説 イメージ4

映画「007」の撮影地としても有名なカジノ・ド・モンテカルロ。別名グランカジノ・モナコ・モンテカルロとも呼ばれており、モナコにあるカジノ業界の中心的な存在です。スロットマシンやルーレット、ブラックジャック、ポーカー、クラップスなどカジノに求められるものはすべて揃っています。世界的に有名なラスベガスと肩を並べるほど、豪華な外観や内装で、極上のカジノ体験を味わうことができます。

サン・カジノ

モンテカルロのカジノについて解説 イメージ5

サン・カジノは、「フェアモントホテル」という高級リゾートホテルの1階にあるカジノです。「リトルベガス」とも呼ばれており、カジノの他にカフェやレストランなども備えています。モンテカルロの他のカジノとは異なり、入場条件は緩く、ドレスコードなどもありません。サン・カジノでは、195台以上のスロットマシンとブラックジャック、テキサスホールデムポーカー、バカラなどのカジノゲームを楽しむことができます。

モンテカルロのカジノで遊ぶのに予算はいくら必要?

モンテカルロのカジノで遊ぶのに必要な軍資金は、各プレイヤーのプレイスタイルによって異なります。モンテカルロにあるほとんどのカジノでは、入場料金が無料となっていますが、カジノ・ド・モンテカルロのみ入場料が10ユーロ (約1,400円) 発生しますので注意しましょう。

カジノで賭けを始める前に、チップや食事、宿泊費、交通費、雑費などモンテカルロで滞在している間、どのくらいの費用を使うかをしっかりと管理することも重要です。

モンテカルロにあるほとんどのカジノでは、最低ベット額が10ユーロ (約1,400円) から25ユーロ (約3,700円) に設定されています。カジノでガッツリ遊びたいという方で、100回ほどベットする予定でしたら最低でも1,000ユーロ (約14万円) ほどの軍資金を用意するようにしましょう。ハイローラー (大金を賭ける顧客のこと) 専用のテーブルの中には、最低ベット額が500ユーロ (約7万円) からと非常に高く設定されているテーブルもあります。

目安として、カジュアルプレイヤーの方は大体 1,000ユーロ (約14万円) 、ハイローラーの方で大体25,000ユーロ (約370万円) ほどの軍資金を持っていけば問題ないかと思われます。

モンテカルロにあるカジノのドレスコードについて

サン・カジノを除き、モンテカルロにある全てのカジノでドレスコードが設けられています。しかし、特別厳しく設けられているわけではありませんので、カジノの雰囲気に合った適切な服装であれば問題ありません。

モンテカルロにあるカジノで着用が禁止されている服装は以下の通りです。

  • サンダルやビーチサンダル
  • 運動靴やスニーカー
  • ショートパンツやカットオフパンツなど

女性の場合、必ずしもドレスを着用する必要はありませんが、カジュアルすぎないスマートな服装を着用して行くことをオススメします。

男性の場合、午後8時以降はジャケットやスーツを着用し、ジーンズやダークカラーのパンツ、それにあったスマートカジュアルな靴を着用することが望ましいとされています。

カジノ・ド・モンテカルロはなぜ有名なの?

モンテカルロは世界中からセレブが集まる観光地としても有名で、その中でもカジノ・ド・モンテカルロは一際目立つ存在となっています。カジノ・ド・モンテカルロがここまで有名になった主な理由は次のとおりです。

歴史的に価値のあるカジノ

カジノ・ド・モンテカルロは1863年に設立されており、現存するカジノの中では2番目に古く由緒あるカジノとなっております。現存する世界最古のカジノはイタリアの「カジノ・ディ・ヴェネツィア」で、1836年に設立されました。

映画「007」の撮影地として有名

カジノ・ド・モンテカルロは、ジェームズ・ボンドが活躍する映画「007」と「007/カジノ・ロワイヤル」の舞台となっており、撮影地として高い人気を博しました。

その他にもカジノを舞台にした映画ではモンテカルロのカジノが使われることはよくありますね。

豪華絢爛な外観と内装

カジノ・ド・モンテカルロが有名になった最大の理由は、その外観と内装にあります。宮殿のような外観と豪華な内装、どこを見渡しても豪華絢爛と言える装飾は世界中どこを探しても中々見れるものではありません。まさに、高級リゾート地モナコを象徴する建物と言っても過言ではないでしょう。

魅力的なカジノゲームの数々

数百台の最新スロットマシンやブラックジャック、バカラ、ルーレットといったテーブルゲームを楽しむことができ、ポーカールームなども用意されています。

たくさんのカジノゲームの種類から選べるというのは魅力的ですね。

カジノの還元率はどれくらい?

カジノの還元率はゲームによって異なりますが、80-95%ほどだと言われています。

最も還元率が低いゲームはスロットだと言われており、70-80%ほどです。

そして、ブラックジャックが最も還元率が高くプレイヤーに有利なゲームだと言われています。

ギャンブル依存症の原因は?

ギャンブル依存症の原因は様々だと言われていますが、一番の原因は、負けを取り返そうとすることだと言われています。

勝ちたいからギャンブルをしているのですが、一度負けてしまうとその負け額だけでもどうにか取り戻したいという心理が働き、なかなかやめることができない人が多いです。

ギャンブル依存の疑いがある方は、自分だけではなかなか抜け出すことは難しいので、相談機関に相談することをおすすめします。

カジノでよくあるトラブルは?

カジノでよくあるトラブルは、お客さん同士での喧嘩が多いです。

カジノは、お酒を無料で飲める場合が多く泥酔してしまい他のお客さんに迷惑をかける悪質な客がいるのも事実です。

そういった迷惑な人に難癖をつけられ暴力を振るわれることもあるので、危なそうな人とは距離を取るようにすることをおすすめします。

トランプはいつからあるの?

トランプが誕生したのは14世紀のヨーロッパだと言われています。

また、世界最古の文献では、9世紀の中国でトランプに似たようなカードゲームが親しまれていたというものも残っています。

ただ、おそらくこのカードゲームはどちらかというと花札などに近いカードゲームだったのではないかと考える人も多いみたいです。

私たちが現在でも遊んでいるトランプの起源はヨーロッパというのが有力です。

カジノディーラーの平均年収はいくらくらいなの?

カジノディーラーの年収は、国・地域やその国の物価によって異なります。

世界の平均は、600万円ほどだと言われています。

日本にもカジノが開業予定ですが、日本のカジノのディーラーは、おそらく400-500万円ほどの年収になるかと思います。

もしかしたらアルバイトとして雇い低賃金で働かせるという残念なことが起こることも考えられます。

カジノは赤字にならないビジネスなので、平均以上の賃金を支払ってもらいたいものですね。

  • この記事を書いた人

アカギ

ギャンブル全般が大好きな、34歳。 競馬や競艇をメインに立ち回っていたが、現在は、オンラインカジノとパチンコがメイン。 オンラインカジノ歴は、2年。

-カジノ