オンラインカジノで、責任ある健全なギャンブルを行うためにロス制限(損失制限)は効果的な制限です。

ほとんどのオンラインカジノでは、ロス制限が用意されているので、用途に合わせて利用しましょう。

本記事では、そんなロス制限について、オンラインカジノを始めたばかりの初心者でもわかるように簡潔に解説していきます。

オンラインカジノのロス制限(損失制限)とは

ロス制限とは、オンラインカジノサイトによっては、「損失制限」とも呼ばれており、その名の通り負け額の上限を設定することができる制限です。

ロス制限の設定方法は、オンラインカジノによって異なりますが、一般的には以下のような手順で簡単に設定することができます。

  • ログインする
  • アカウント設定画面から、ロス制限の金額を入力
  • 「設定する」などのボタンをクリック

また、ロス制限を設定する際には、以下のような点に注意する必要があります。

  • ロス制限は設定した後に解除したくなってもすぐに解除することができない
  • ロス制限を設定したら、どんなことがあっても設定金額に達したら遊ぶことができない

当然のことですが、責任ある健全なギャンブルを行うためのロス制限がすぐに解除可能であったらツールの意味がありません。

そのため、ご自身の状況に合わせて、必要だと感じたら使うようにしましょう。

責任あるギャンブルにおけるロス制限(損失制限)の重要性について

ライセンスを取得して運営しているオンラインカジノサイトやブックメーカーは全て責任あるギャンブルを推奨しています。これは、ギャンブル依存症が社会にもたらす影響があまりに大きいため、少しでも依存症者を減らすための取り組みです。

ロス制限は、責任ある健全なギャンブルにおいて必要不可欠な制限だと言えるでしょう。

ギャンブル依存症者の多くは、負け額を取り返そうと娯楽の範囲を超えたギャンブルを行なってしまいます。また、そういった状況に立たされた人は、正常かつ冷静な判断ができないため、使ってはいけないお金に手を出したり、借金をしてまで取り返そうとしてしまいます。

ロス制限を設定しておくことで、物理的に一定額以上が負けられなくなるため、ギャンブルを一旦ストップでき自分を冷静に見つめ直す時間ができます。これによって、ギャンブル依存症者の問題行動を対処することが可能です。

オンラインカジノを含めた全てのギャンブルは、あくまでも娯楽であり、お金を儲けるために行うことではないという認識をしておくことが大切です。

「〇〇円なら失ってしまっても問題ないな」という楽しめる金額の範囲内で楽しむことを心がけましょう。

ロス制限以外にも、入金制限やログイン制限、アカウントの閉鎖など、オンラインカジノでは様々な制限を設定することができるので、自己分析をして、必要に応じた制限を設定するようにしましょう。

こういったツールを活用しても、ギャンブルで苦しんでいるという方に関しては、Gamble AwareGAM STOPなどのギャンブル依存症者をサポートしている機関に相談することをおすすめします。

まとめ

オンラインカジノでのロス制限とは、負け額(損失額)の上限をプレイヤー自身で設定することができるツールです。

ギャンブル依存に苦しんでいる方は、ロス制限ではなく、アカウント閉鎖するべきですが、少し思っていたよりも使いすぎてしまうという方は、まずはロス制限から使ってみることをおすすめします。

オンラインカジノを始めたばかりで、安全かつ健全にギャンブルを楽しみたいと考えている人が本記事を読んで、ロス制限を活用してみようと思っていただけたのであれば、嬉しい限りです。

ギャンブルは、スリルを味わえる魅力的なエンターテイメントですがその分お金を賭けるので責任が生じてきます。

ぜひ、責任を持って健全なギャンブルを楽しんでください。