ブラックジャック

【ベーシックストラテジー】ブラックジャックの手札が13の時にヒットすべきなのか解説

ユメコ

カジノ歴3年。カジノが大好きで週末には、マカオや韓国まで遊びに行くことも。遊ぶゲームは専らブラックジャック。最近はポーカーも勉強中。

ブラックジャックでディーラーのアップカードが6よりも大きい場合に13というハンドを持っている場合は、ヒットした方がいいです。つまり、ディーラーのアップカードが7、8、9、10、またはエースであった場合は、ヒットし追加のカードを引いた方が勝率が高いと言われています。

ブラックジャックは、状況によって期待値が変わるゲームであり、勝率のことをオッズと言います。日本でオッズというと配当率のことを指すことが多いですが、海外のカジノでは勝率のことを指す場合もあります。

13は(12と同様に)、バーストしてしまう可能性があるハンドです。13のハードハンドは、39%の確率でバーストしてしまいます。そのため、13で勝てる可能性はあまり高くないですね。しかし、ディーラーのアップカードがハイカードであれば、13でヒットし、より良いハンドを目指した方がいいです。

ブラックジャックのハンド13でスタンドした方がいい場合

ブラックジャックのルールを覚えた方という方は、ベーシックストラテジーを次に覚えるのがおすすめです。

ベーシックストラテジーは、ブラックジャックの定石をまとめてくれている表のことを指します。上級者プレイヤーのほとんどは、このベーシックストラテジーに沿って立ち回っています。

ベーシックストラテジーは、カジノのハウスエッジを下げてくれるプレイヤーには有利な定石です。もちろんブラックジャックというゲームはカジノが有利なようにできていますが、うまく立ち回ることでプレイヤーの勝率を上げることは十分に可能です。

ベーシックストラテジーチャートによると、ディーラーの7〜10またはエースに対しては、13をヒットすべきですが、ディーラーがローカードを持っている場合は、その逆となります。

もし2〜6までのローカードがディーラーに配られた場合、13でスタンドした方がいいと言われています。

ディーラーのアップカードが2の時ハンド13でヒットした方がいいの?

ブラックジャックではヒットをしてはいけない状況というのがあります。

アップカード2に対して13をヒットすべきではありません。その代わり、ディーラーのアップカードが2であれば、2枚のハンド13でスタンドすべきです。これは、ブラックジャックの基本的なルールで、マルチデッキゲームをプレイする場合にも当てはまります。

アップカード2に対してハンド13が配られた場合、多くのプレイヤーが混乱するのは、ディーラーが3を示しているときには12をヒットしなければならないという事実です。これを混乱してしまうと、ベーシックストラテジーに従わない場合、損をすることになります。その反対であれば、マイナスの期待値を相殺し、強いハンドを早いうちに作ることができます。

ディーラーのアップカードが2である場合、プレイヤーにとっては厄介な状況となります。プレイヤーが自動的に勝つためには、ディーラーがテンカード(10点札)を2枚続けて引いて、自らバーストするのを期待するしかありません。

しかし残念ながら、2枚続けてテンカードが出る確率は、非常に低いです。なので、アップカード2を持ったディーラーに勝つには、追加のカードを引くことで13点のカードを改善できる確率はどれくらいかを見極めなければなりません。

統計的にみて、13のツーカードハンドで負ける可能性は63%です。逆に、13のワンハンドで勝つ確率は約32%です。さらに、13でスタンドした場合、期待値はマイナスになりますが、スタンドして勝つ確率は35%となり、ヒットするよりは若干有利になります。

以上の通り、ハンド13を持つのは不利なことですが、ヒットをするのではなく、スタンドを選択すれば、わずかに有利にもっていくことはできるでしょう。

ブラックジャック13でヒットすべきかイメージ3

ディーラーのアップカードが4の時ハンド12でヒットした方がいいの?

ディーラーのアップカードが4である場合、プレイヤーは12をヒットしてはいけません。これは非常に僅差ですが、ディーラーのアップカード4に対して12でスタンドする方がより有利になります。

12は、10、ジャック、クイーン、キングなど、どのようなテンカードでもバーストする可能性が高いため、どちらにしても悪いハンドです。さらに悪いことに、次のドローでテンカードが配られる可能性が高く(30.7%)なっています。

ディーラーのアップカードが3の時ハンド12でヒットした方がいいの?

はい、ディーラーのアップカードが3(または2、エース、7〜10)である場合、合計が12になったハンドでは常にヒットすべきです。逆を言えば、ディーラーのカードが4、5、6の場合のみ、スタンド(ステイ)すべきなのです。

ディーラーの3に対して12でヒットしたときの期待値(EV)は、-0.233691です。ディーラーのアップカードが3の時に12でスタンドしても、期待値は-0.252250と、依然としてマイナスのままです。しかし、この2つの期待値をよく比較してみると、ディーラーのアップカード3に対して12でスタンドするよりも、ヒットする方がわずかに有利になるのが分かるでしょう。

ブラックジャックではハンド12でヒットした方がいいの?

はい、ブラックジャックで12をヒットすることは可能です。ただし、時と場合によります。プレイヤーが12でヒットするのがベストであるのは、ディーラーのアップカードがエースまたは7〜10(7、8、9、10)である場合です。

また、ディーラーが2または3を示した場合にも、12をヒットするのがおすすめです。ヒットしたときにこれらのディーラーのカードに対して勝つ確率は、12でバーストする確率よりもわずかに高くなります。

もちろん、12をヒットすべきではない状況もあります。例えば、ディーラーのアップカードが4、5、6の時、12でヒットではなく、12でスタンドしなければなりません。

ブラックジャックではハンド13でヒットした方がいいの?

ブラックジャックで13をヒットすべきかどうか、またいつヒットすべきかどうかは、ハンドの種類など、特定の要素に依存しています。ハンド13といっても、ソフト13ですか?それとも、ハード13ですか?ソフトハンドかハードハンドかによって戦略は異なります。

ソフトハンドとは、1枚のエースが含まれているカードのことです。例えば、A-2でソフト13を作ることができます。この場合、ディーラーのアップカードが5または6以外であれば、プレイヤーは13でヒットをすべきです。ヒットでカードを追加して、悪い手を引いてしまい、13のハンドがバーストする確率は38%ですが、ディーラーのアップカードが5と6でないときは、勝つ確率は39%と若干高くなります。

一方、ハード13は、エースなしで作られるもので、4-9、5-8、または6-7という3つの組み合わせが考えられます。ハード13の場合、ディーラーがエースまたは7〜10を持っていれば、ヒットすべきです。

ブラックジャック13でヒットすべきかイメージ2

ハンド13ではヒットすべき?スタンドした方がいいの?

2枚のカードの合計が13の手をプレイする際、ベストなブラックジャックの基本戦略としては、ヒットしてもスタンドしても、どちらでも大丈夫です。どちらがより正しい選択となるかは、ツーホールカードのハンドとディーラーのカードの内容によります。

オンラインブラックジャックでは、ディーラーのアップカードがエース、2~4、7~10の場合は、ソフト13をヒットすべきです。したがって、逆を言えば、アップカードが5または6の場合は、ソフト13でスタンドを選択しなければなりません。

一方、ディーラーのアップカードがエース、2~3、7~10である場合は、ハード13でヒットすべきです。こちらも逆に言うと、ディーラーのアップカードが4、5、6である場合、13でスタンドしなければなりません。

このどちらの戦略も、アメリカンブラックジャック、ヨーロピアンブラックジャック、その他人気ブラックジャックゲームを含む、ほとんどのブラックジャックでカジノのハウスエッジを下げることができます。

ブラックジャックではハンド14でヒットした方がいいの?

ブラックジャックでは、5と6を除く、すべてのディーラーのアップカードに対して、ソフト14でヒットすべきです。一方、ハード14である場合は、ディーラーのエースまたは7〜10に対してのみヒットを選択すべきです。

以上、いかがでしたか?ブラックジャックは配られたカードによって戦略が大きく異なります。ベーシックストラテジーを忠実に守りながら、スキルを磨いていきましょう!

-ブラックジャック