ブラックジャックの基本ルールと遊び方を徹底解説

ブラックジャックは、トランプを使用したカジノの王道ゲームであり、ランドカジノでもオンラインカジノでの常にプレイヤーを魅了しています。
戦略などはあれど、ルールは「手札の数字の合計が21に近いほうが勝ち」ととてもシンプルです。

この記事では、ブラックジャックをこれから始めたい方必見の基本ルールや、プレイヤーとディーラーのアクションと決断から、勝敗の決定方法やペイアウトとベットまでブラックジャックの基礎情報を網羅!
ブラックジャックで勝利するための基礎と戦略を学んでいきましょう。

ブラックジャックとは?

ブラックジャックは、17世紀にフランスで生まれたと言われています。当初は「21」と呼ばれていましたが、アメリカに渡り、その後広まった際に「ブラックジャック」と呼ばれるようになりました。
ブラックジャックには、様々な種類がありますが、基本的なゲームの流れは同じです。

ブラックジャックで使用するカード52枚のトランプを使用
ゲームのルール:プレイヤーとディーラーが1対1で対戦しながら、自分の手札の数字の合計を21に近づけていく

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックの基本的なルールについて細かく解説します。

カードの配り方

ブラックジャックでは、プレイヤーとディーラーに2枚のカードが配られます。プレイヤーのカードはすべて表向きに配られますが、ディーラーのカードは1枚だけ表向き、もう1枚は裏向きに配られます。

配る順番

ブラックジャックでは、まずプレイヤーにカードが配られ、その後ディーラーにカードが配られます。このとき、プレイヤーに配られるカードは1枚ずつ交互に配られます。

フェイスアップとフェイスダウンのカード

ブラックジャックでは、プレイヤーに配られるカードはすべて表向きになっています。一方、ディーラーに配られるカードは、1枚が表向き、もう1枚が裏向きになっています。

ディーラーのアップカードとホールカード

ブラックジャックでは、ディーラーの表向きのカードをアップカード、裏向きのカードをホールカードと呼びます。プレイヤーはアップカードを見ることができますが、ホールカードは見ることができません。ディーラーは、ホールカードを見た後、自分の手札を完成させます。

ブラックジャックの勝敗の決定

ディーラーのホールカードの公開

ディーラーは、自分のアップカードとホールカードを公開します。ホールカードは、ディーラーの手札のうち、下に隠されているカードです。プレイヤーは、ディーラーのアップカードとホールカードを見て、自分の手札と比較します。

ハンドの比較 プレイヤー対ディーラー

ブラックジャックでは、プレイヤーとディーラーの手札を比較して、勝敗を決定します。手札の合計が21に近い方が勝ちとなります。
ただし、手札の合計が21を超えることを「バースト」と呼び、バーストになった場合には、その場で負けとなります。

ナチュラルブラックジャックと他の勝ち手の比較

ナチュラルブラックジャックとは、最初に配られた2枚のカードで21を作ることです。この場合、プレイヤーが勝利します。ただし、ディーラーもナチュラルブラックジャックを作った場合は、引き分けとなります。引き分けの場合は、プレイヤーに賭けたお金は返却されます。

プッシュ 手役が同じ場合

手札の合計が同じ場合は、プッシュとなります。この場合、掛け金は返却されます。

ペイアウトとベットをご紹介

チップとベット

ブラックジャックの賭け方では、ディーラーに対してベットを行います。ベットに使用するチップは、テーブルに配置されているチップトレイから選ぶことができます。チップの額面は、利用しているオンラインカジノやテーブルによって異なりますが、通常は1ドルから100ドル程度の範囲となっています。

標準的なペイアウト率

ブラックジャックでは、勝利に応じてペイアウトが行われます。通常、勝利した場合のペイアウト率は1:1です。つまり、ベットした額と同じ金額が支払われます。ただし、ブラックジャック(21点)で勝利した場合は、ペイアウト率が2:1となります。

ナチュラルペイアウト

ナチュラルブラックジャックは、2枚のカードで21点を作ることです。ナチュラルブラックジャックは、通常のブラックジャックよりも高いペイアウト率で支払われます。ナチュラルブラックジャックのペイアウト率は、3:2です。

インシュアランスペイアウト

インシュアランスは、ディーラーがエースを持っている場合に賭けることができます。インシュアランスに賭けた場合、ディーラーがブラックジャックを持っていた場合にペイアウトが行われます。インシュアランスのペイアウト率は、2:1です。

プレイヤーのアクションと決断とは?

ブラックジャックをプレイする上で、プレイヤーは自分の手札の価値を理解し、適切なアクションを選択する必要があります。以下では、プレイヤーが選択できるアクションについて説明します。

ヒットまたはスタンド

プレイヤーは、自分の手札の合計点数が21に近づけるために、カードを追加することができます。このアクションを「ヒット」と呼びます。しかし、手札の合計点数が21を超えると、プレイヤーはバーストしてしまい、その時点で負けとなります。逆に、プレイヤーが手札の合計点数に満足した場合は、「スタンド」と呼ばれるアクションを選択することができます。

ダブルダウン

プレイヤーは、最初の2枚のカードが配られた後、手札の合計点数が9、10、または11の場合に「ダブルダウン」と呼ばれるアクションを選択することができます。この場合、プレイヤーは元の賭け金と同額の追加賭け金を置き、1枚のカードを追加します。このアクションは、プレイヤーが有利な状況であるときに有効な戦略です。

スプリットペア

プレイヤーが最初の2枚のカードが同じ数字の場合、「スプリットペア」と呼ばれるアクションを選択することができます。この場合、プレイヤーは2つの手札に分け、元の賭け金と同額の追加賭け金を置きます。その後、それぞれの手札に1枚のカードを追加し、2つの手札で別々にプレイします。このアクションは、プレイヤーが有利な状況であるときに有効な戦略です。

インシュアランスとサレンダー

ディーラーが最初のカードがエースの場合、「インシュアランス」と呼ばれるアクションを選択することができます。この場合、プレイヤーは追加賭け金を置き、ディーラーがブラックジャックを持っている場合に備えます。一方、「サレンダー」と呼ばれるアクションは、プレイヤーが最初の2枚のカードを受け取った後に選択することができます。この場合、プレイヤーは最初の2枚のカードを捨て、元の賭け金の半分を戻します。このアクションは、プレイヤーが不利な状況にあるときに有効な戦略です。

ディーラーの行動と判断とは?

ディーラーのハンドバリューとルール

ブラックジャックでは、ディーラーもプレイヤーと同じようにカードを引きます。しかし、ディーラーはルールに従って行動するため、プレイヤーとは異なる戦略が必要です。

ディーラーの最初の2枚のカードのうち、1枚が表になります。このカードをアップカードと呼びます。ディーラーのアップカードによって、その後の行動が決まります。

ディーラーのルールは以下の通りです。

  • ディーラーのハンドバリューが17以上の場合、スタンドする。
  • ディーラーのハンドバリューが16以下の場合、ヒットする。

ただし、ディーラーがソフト17(Aと6の組み合わせ)の場合、カジノによってはヒットする場合もあります。このルールはカジノによって異なるため、事前に確認することをおすすめします。

ディーラーがヒットまたはスタンドした場合

ディーラーがヒットした場合、次のカードがディーラーのハンドに加わります。ディーラーはハンドバリューが17以上になるまでヒットを続けます。

ディーラーがスタンドした場合、その時点でのハンドバリューで勝負が決定します。プレイヤーが勝利するためには、ディーラーのハンドバリューを上回る必要があります。