麻雀

麻雀の発祥国は中国と日本どっち?起源について解説

アカギ

ギャンブル全般が大好きな、34歳。 競馬や競艇をメインに立ち回っていたが、現在は、オンラインカジノとパチンコがメイン。 オンラインカジノ歴は、2年。

麻雀は中国と日本を中心に広くプレイされているゲームです。これまで、その起源は中国とされることが一般的でしたが、一部では日本発祥のものであるとする説もあるようです。中国発祥説では、その起源は紀元前の古代中国にまで遡ると言われています。

麻雀の起源① 中国発祥説

麻雀の発祥については中国発祥説が最も一般的です。中国には古くから麻雀に似た遊戯が存在していました。麻雀の発祥についてはかの有名な孔子が発明したという説もありますが、これはいささか信憑性に欠けるようです。

有力な説は、清の時代の同治年間に寧波の陳魚門が、「葉子」というカードゲームと「骨牌」というドミノのような遊戯を合体させて「麻雀(マージャン)」を完成させたとするものです。この説は象牙で作られた当時の麻雀牌が発見されたことからも裏付けられています。

また、中国政府が1998年に麻雀を255番目の体育種目として認定したことも、麻雀が中国発祥であることを示す証拠の一つです。

上記はあくまで一部ですが、麻雀が中国発祥であることを示す根拠は数多く存在します。

麻雀の起源② 日本発祥説

一方で、日本こそが麻雀の発祥国であると主張する説も一部にあるようです。日本発祥説では、麻雀に似たゲームが古来から日本に存在していたこと、日本独自の麻雀牌が存在していたこと、古い歴史書に日本麻雀のことが書かれていることなどをその根拠として挙げています。

一般的に麻雀の起源は中国だとされているものの、一部で麻雀の発祥国に関する議論が中国と日本の間で長年続いていることは事実です。

それでも、両国で麻雀が多くの人に愛され大切にされている理由は、麻雀が戦略的なゲームだという点や文化や歴史、そして人々の生活と密接に関わっているからです。麻雀はこれからも両国で愛される遊びとして、今後も多くの人々に楽しまれることでしょう。

麻雀の発祥国は中国と日本どっち?起源について解説 イメージ画像

麻雀に関するよくある質問

ここからは麻雀に関するよくある質問に回答します。

麻雀の発祥国は中国?それとも日本?

一般的に麻雀は中国が発祥の地とされています。麻雀という名前の由来も中国語から来ています。しかし、一部には日本が発祥だとする説もあります。

中国麻雀と日本麻雀の違いは何?

中国麻雀と日本麻雀の最大の違いはルールです。中国麻雀は、国家体育総局によって認定された国際公式ルールがあります。一方、日本麻雀には日本プロ麻雀連盟が定めたルールや、地域によって異なるローカルルールがあります。また、麻雀牌の種類や点数計算方法も異なります。

麻雀が日本で人気になったのはいつ?

一般に麻雀が日本で人気になったのは1924年頃だとされています。その後雀荘が一気に増えて麻雀ブームが起こり、現在まで続く人気のテーブルゲームになりました。

-麻雀