投資

FXのオプション取引はいつでも売却できるのか徹底解説

伊藤

パチンコ・カジノが大好きな29歳。オンラインカジノが好きで、ここ5年ほどはオンラインカジノをメインにギャンブルを楽しんでいます。好きなゲームは、ブラックジャックとビデオスロット。

オプション取引は取引期間内であれば、いつでも他の買い手に売却することができます。

売却価格はその時点での市場価格または契約価格。原資産の価値が下落しているか変化していない場合、コールオプションの価値は期限が近づくにつれ減少していきます。

オンライントレード初心者の人には少し複雑な内容ですが、できる限りシンプルに解説していくので、ぜひ最後まで読んでください。

コールオプションの基本

コールオプションでは、買い手はあらかじめ決められた権利行使価格で金融ビークルを購入する権利を有します。ただし、買い手には購入する義務が発生するわけではありません。

コールオプションとは?

コールオプションとはオプションの購入者に一定期間内に指定された価格でコモディティ、債券、株式、または金融商品や資産を購入する権利を与える金融商品です。原資産はコモディティ、債券、株式のいずれかで、あくまで「購入権利」を付与するものであって「購入義務」は発生しません。資産の価値が上がればオプションの買い手は利益を得ることになります。

コールオプションはプットオプションとは異なるものです。具体的には「プット」は売るためのオプション、「コール」は買うためのオプション。つまりプットオプションは金融商品、株式、その他の原資産を事前に合意したオプションの権利行使価格で満期前または満期時に売却する権利を保有者に与えるというものです。

「コール」の買い手が購入オプションの行使に同意すると、オプションの売り手はその金融商品を強制的に売り渡さなければなりません。オプションの買い手は満期日前ならいつでもオプションを行使することが可能。満期日は3日、6日、あるいは1年後に設定されることもあります。

売り手はオプションの購入価格を受け取りますが、この価格はオプションの権利行使価格がオプション取得時の原資産価格にどれだけ近いか、またオプションの満期日までの残り時間によって決定されます。言い換えれば、オプションの価格は買い手が期限切れまでに経済的にオプションを行使できる可能性がどれだけ高いか低いかによって決まります。オプションは通常100株単位で取引され、コールオプションの買い手は原資産価格がオプション行使価格を上回って利益を得ることに期待するという仕組みです。

一方で、コールオプションの売り手は資産価格が下落するか、少なくとも満期前にオプションの権利行使価格まで上昇することはないと予想します。

満期までに原資産価格が権利行使価格以上に上がらない場合はオプションの買い手はオプションを行使しても利益が得られないため、オプションは無価値となり失効します(アウト・オブ・ザ・マネー)。その場合、買い手はコールオプションにかかったコストをそのまま失うことになります。逆に原資産価格がオプションの権利行使価格を超えて上昇した場合、買い手はオプションを行使することができます。すべては売りオプションを行使するタイミング次第というわけです。

ロングコールオプションとショートコールオプションの違い

ロングコールオプションとショートコールオプションの違いを見ていきましょう。

ロングコールオプション

ロングコールオプションは買い手が将来、権利行使価格で株式を購入する権利(義務ではない)を有するというシンプルなコールオプションのこと。利点は、株を安く買うために事前に準備できるという点。例えば企業の決算発表のような重要イベントの前に、ロングコールオプションは購入しておくことができます。

ショートコールオプション

その名のとおり、ショートコールオプションはロングコールオプションの逆。

ショートコールオプションでは売り手が将来、一定の権利行使価格で株式を売却することを約束します。主にオプションの売り手によるカバードコールや売り手がオプションの原資産となる株式をすでに保有しているコールオプションに使用され、取引が思い通りにいかなかった場合に被る可能性のある損失を抑えるのに役立つというもの。

例えばコールがカバーされておらず(つまりオプションの原資産となる株式を保有しておらず)に株価が大幅に上昇した場合、損失は倍増してしまいます。これを軽減するのがショートコールオプションです。

コールオプションのタイプ

カバードコールオプション

自分が保有する株式のコールオプションを売るというもの。もしくはオプション売却時に株を購入することもできます。

ネイキッドコール

オプション保有者が株式、コモディティ、原資産を実際には保有していないタイプ。

セルトゥクローズ - 最初の買い手が原資産を活用するためにオプションの売りを選択するコールオプション。

コールオプションを売却するメリット

  • 副収入が得られる
  • 売却が繰り返し可能で、正しく行えば毎回利益を生むことができる
  • プレミアムが保証されている

コールオプションを売却するデメリット

オプションの売却に資金はいくら必要なの?

$6,000程度がオプションの売却に必要な金額です。これは、コールオプションの価格が通常$4,000から$10,000ほどであるため。また、最低100株購入する必要があるので、1株$50以上の株であれば、最低$5,000を別に用意する必要があります。

もし誰もオプションを買わなかったらどうなるの?

すべてを失うことになります!コールオプションは期限が近づくにつれ、どんどん価値が下がっていくもの。満期日となっても誰もオプションを買わなかった場合は、そのオプションは無価値となります。満期日に株式価値が権利行使価格を下回っていると、誰もコールすることも買うこともできないからです。

コールオプションはいつ売ればいい?

コールオプションは原資産をオプション契約の権利行使価格で購入する権利を買い手に与えるものであり、買い手に義務は発生しません。したがって、特定の資産の価値の下落を予想する場合は、コールオプションの売却が正解となります。

-投資