スポーツベットは違法なの?合法性について解説

日本では競馬や競艇、オートレースなどの公営ギャンブルは合法ですが、スポーツの試合の勝敗や個人成績などを賭けの対象とする「スポーツベット」は違法とされています。一方、海外だとスポーツベットやオンラインカジノは合法で多くの人々が楽しんでいます。日本でも合法化を求める声が上がっていますが、まだ実現には至っていません。

[crshortcode site1=”6224″ site2=”6232″ site3=”6251″ site4=”6315″ site5=”6320″ site6=”6325″ site7=”6330″ site8=”6333″ site9=”6336″ site10=”6340″]

スポーツベットとは

スポーツベットとは、スポーツの試合結果を予想してお金を賭けるギャンブルのことです。スポーツファンの間で人気が高く、スポーツ観戦を一層楽しくエキサイティングにするものとして、世界中で行われています。スポーツベットは、オンラインカジノやオンラインブックメーカーなどを通じて行うことができます。大体のブックメーカーでは登録時にフリーベットと呼ばれるボーナスがもらえるのが魅力的です。

スポーツベットは違法なの?合法性について解説 イメージ画像1

日本におけるスポーツベットの現状

日本では賭博法によって公営ギャンブル以外の賭博行為は禁止されているため、スポーツベットは違法とされています。しかしながら、海外のスポーツベットサイトにアクセスすることは可能で、利用者も多数存在するため、グレーゾーンになっているのが実際のところです。こうした中、スポーツベットの合法化を求める声も一部から上がっており、経済産業省がスポーツベッティングの導入を検討しているという噂もあることから、今後合法化される可能性を秘めています。

海外のスポーツベット

海外の多くの国では、スポーツベットは合法的な業界として成長しています。例えばイギリスではスポーツベットは長年にわたって合法的なものとされており、「Bet365」や「Bat Fair」など数多くの世界的に有名なブックメーカーが存在しています。また、オーストラリアやカナダ、ニュージーランドでもスポーツベットは合法で、アメリカでも2018年、多くの州でスポーツベットが合法化されました。

日本人が海外でスポーツベットを行う際の注意点

前述の通り、海外での合法的なスポーツベットは日本人も利用することができますが、いくつかの点に注意する必要があります。

ブックメーカーは、大きく稼ぐことのできるギャンブルです。

そのため利益に対する税金を支払う必要があります。たとえ海外のスポーツベットで得たものであっても、日本の税法が適用されますので税金は支払わなくてはなりません(一時所得扱いになります)。うっかり忘れて確定申告に含め忘れると、後ほど追徴金を課せられることになるため注意してください。

また、海外のオンラインスポーツベットサイトを利用する際には、信頼できるサイトを選ぶことが重要です。各国の当局が発行しているライセンスを取得しているサイトを選ぶようにしましょう。

現状日本ではグレーゾーン的な位置付けのため、スポーツベットを行う際にはサービスを提供している事業者がライセンス取得済みで、日本人向けにも合法的にサービス提供しているかどうかを確認する必要があります。また、スポーツベットで得た利益についても、日本国内でちゃんと税金を納めなくてはなりません。この記事を参考に、ぜひ健全にスポーツベットを楽しんでください。

スポーツベットは違法なの?合法性について解説 イメージ画像2

スポーツベットに関するよくある質問

ここからはスポーツベットに関するよくある質問に回答します。

スポーツベットは合法?

日本国内でスポーツベットをすることは違法ですが(日本国内の事業者がサービスを提供している場合)、海外のブックメーカーを利用してスポーツベットをすることは違法ではありません。

スポーツベットの種類はどのくらいあるの?

スポーツベットには様々な種類があります。一般的なものとしては、スポーツの試合結果を予想する「勝敗予想」や、試合中に発生するイベントを予想する「ライブベット」、特定の選手の成績を予想する「プレイヤーベット」などがあります。

オンラインギャンブルは合法?

日本では、オンラインカジノやオンラインポーカーなどのオンラインギャンブルは違法です(日本国内の事業者がサービスを提供している場合)が、海外のオンラインカジノやオンラインポーカーを利用することは違法ではありません。

ブックメーカーって何?

ブックメーカーとはスポーツベットなどの賭けを主催している事業者のことで、オッズを設定して賭け金に応じた配当を支払います。