スロット

ジャックポットを当てるコツはあるの?初心者でも実践できるコツを紹介

伊藤

パチンコ・カジノが大好きな29歳。オンラインカジノが好きで、ここ5年ほどはオンラインカジノをメインにギャンブルを楽しんでいます。好きなゲームは、ブラックジャックとビデオスロット。

オンラインカジノサイトやランドカジノのスロットのジャックポットを絶対に当てる方法は存在しませんが、機種を選べば、当選確率を上げることはできます。

具体的には、以下のような立ち回り方をすれば、ジャックポットの当選確率を上げることができます。

  • ジャックポットの払出し金額が少ないけど当選頻度の高い機種を選ぶ
  • ジャックポットのプールに上限が設けられてる機種を選ぶ
  • RTPが高く、ボラティリティが低めの機種を選ぶ

初心者にも実践できる具体的なジャックポットに当選するための立ち回りはこの辺りです。

筆者もサイズは小さめですが、上記の方法で300ドル程度のジャックポットを当てた経験があります。

ジャックポットと聞くと数百万円や数千万円を想像する人も多いかと思いますが、機種によっては、1000ドル以下のジャックポットを多くの人に当選させている場合もあります。

ジャックポットを当てるコツ解説 イメージ画像1

ジャックポットを当てるためのコツ

冒頭でジャックポットを当てるための立ち回り方を紹介しましたが、さらに深掘って解説していきます。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

プレイヤーに有利なジャックポットスロットを選ぶ

カジノには、スロット以外にも色んなゲームが遊べますが、ゲームの種類によってプレイヤーの有利度が異なります。スロットに関しては、機種によっても異なります。

冒頭で軽く触れましたが、プレイヤーに有利なスロットを見つけるためには、「ボラティリティ」と「RTP(還元率)」の知識は必要不可欠になります。

ボラティリティ

ボラティリティとは、直訳すると「流動性」といった意味があります。ボラティリティが高ければ高いほど「荒い台」ということになり、低ければ低いほど「甘い台」ということになります。

ジャックポットの払出し頻度に関しても、低ボラティリティのジャックポットスロットの方が高いので、金額は低めでもいいからジャックポットを当ててみたいという人は、低ボラティリティのジャックポット機種を選ぶようにしましょう。

低ボラティリティの甘い台の方がジャックポット以外にもフリースピンが出やすかったりと、楽しみやすいと思うので初心者にはおすすめですね。

RTP(還元率)

RTPとは、「Return To Player」の頭文字から取ったカジノ用語です。日本語でいうところの還元率のことを指します。

このRTPが高ければ高いほど、プレイヤー側に有利な設定になっていて、勝ちやすいと言われています。

ジャックポットスロットでRTPが高くおすすめの機種は、「Mega Fortune(メガフォーチューン)」です。RTPは、96.6%とジャックポット機種の中では群を抜いて高いです。

ジャックポットを当てるコツ解説 イメージ画像3

ジャックポットのプール金額に着目する

ジャックポットは、その機種で遊んでいるプレイヤーの賭け額の一部がプールされていき、最終的にランダムで当選者に払い出されるという仕組みになっています。ジャックポットが払い出される頻度は機種によって異なります

払出しタイミングは完全ランダムなので、カジノ側がイカサマをして特定のプレイヤーに払い出すということはないのでご安心ください。

そこで、着目して欲しいのが、プール金額です。まず、プール金額が高すぎるジャックポットスロットは避けるようにしましょう。

当たったら億万長者ですが、宝くじで1等を当てるレベルで確率が低いので、現実的ではありません。

次に注目して欲しいのがジャックポットのスタート金額と現在のプール金額です。

ジャックポットは、プレイヤーの賭け額の一部がプールされていくと説明しましたが、スタートの金額は決まっています。例えば、1000ドルスタートで1000ドルに金額がどんどん加算されていくなどです。

スタート金額は、ジャックポット機種のルール説明欄に記載されていることが多いので確認するようにしましょう。スタート金額からあまり加算されていない場合は、その機種でジャックポットはしばらく出ない可能性が高いので、他の機種を選ぶのがおすすめです。

ジャックポット当選のための条件ベット額を確認する

これも、スロットの説明欄に記載されていることが多いですが、ジャックポットに当選するためには、抽選の対象に入る必要があります。ベット額が低すぎる場合は、抽選から除外されてしまう機種も存在します。

なので、スロットの説明欄を確認し、ジャックポット抽選のための最低ベット額が高すぎる場合は、他の機種を選ぶようにしましょう。

例えば、いつも1スピン0.40ドルでオンラインスロットを打っているのに、ジャックポットの対象が1ドル以上の場合、ジャックポットが当たる確率よりも軍資金を溶かす確率の方が圧倒的に高いのでおすすめできません。ジャックポット以外のフリースピンやボーナスフィーチャーの当たりやすさはベット額で変わらず一定の確率で当選するようになっています

ジャックポットサイズの種類が多い機種を狙う

ジャックポットスロットの機種の中には、複数のジャックポットを用意している場合があります。

  • メガジャックポット
  • メジャージャックポット
  • ミニジャックポット

などがよくあるジャックポットですね。複数のジャックポットを用意している機種であれば、下位のジャックポットが当たる確率は高くなります。

もちろん金額は大したことありませんが、ジャックポットを当てたいという方は、こういった機種を選んでもいいかもしれませんね。

信頼できるオンラインカジノを選ぶ

ジャックポットを確実に当てたいという人は、信頼できるオンラインカジノを選ぶことが重要です。

具体的には、「運営実績がある程度長い」オンラインカジノということです。どういうことかというと、最近は日本向けに新しいオンラインカジノが続々オープンしています。

中には、そこまで潤沢な資本がない企業によって運営されている場合もあります。なので、ジャックポットを当てられてしまうと、支払うことができず、倒産してしまったり、逃げられてしまったりする可能性も0ではありません。

もちろん数百万円の規模のジャックポットであれば、そんな心配は基本的にありませんが、オンラインカジノのジャックポットの中には、数十億を超える超高額な払い出しをする機種もあります。

もちろん、そんなジャックポットが当たる確率は極めて低いですが、もし仮に当たったとして、小さな規模のオンラインカジノで遊んでいたら、支払い拒否されてしまう可能性があるので注意です。

また、遊んでいるオンラインカジノがライセンスをしっかり取得しているかどうかも注意しましょう「〇〇(オンラインカジノ名) ライセンス」で検索すれば、そのカジノがライセンスを取得しているのかの情報が出てくると思うので、登録する前にチェックしておくことをおすすめします。

ジャックポットを当てるコツ解説 イメージ画像2

-スロット