アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットはどっちがいいの?比較しながら徹底解説!


ヨーロピアンルーレットがアメリカンルーレットよりも勝ちやすいと言われています。

その理由は、

  • ハウスエッジが低い。
  • ヨーロピアンルーレットは37のスロットと1つのゼロポケットがありますが、アメリカンルーレットは2つのゼロポケットがあり、合計で38ポケットとなります。
  • ヨーロピアンルーレットの方が、勝率が高いです。
  • ヨーロッパ版のルールは、プレイヤーに有利に働くことがあります。
  • アメリカンルーレットをプレイした時とヨーロピアンルーレットをプレイした時を比べるとアメリカンルーレットではヨーロピアンルーレットの2倍のお金を失う可能性があります。
  • ヨーロピアンルーレットは配当が良いです。

プロジェクト575は、ルーレット関連の記事を日々発信しています。 他にもたくさんの記事があるので併せて読んでみてください。 ホームに戻る

なぜヨーロピアンルーレットはアメリカンルーレットより良いのか?

ヨーロピアンルーレットをプレイすることは、アメリカンルーレットをプレイするよりも以下のような多くのメリットがあります。

メリット1:ハウスエッジ

ヨーロピアンルーレットは「0」が1つあるため、ハウスアドバンテージは2.7%ですが、アメリカンルーレットは「00」のため、ハウスエッジは2倍の5.26%になります。

メリット2:ベット方法

ヨーロピアンルーレットでは、クルーピアに「コールベット」をアナウンスしてお金を置くことができ、テーブル上のチップを使用する必要はありません。

アメリカンルーレットではこのようなことはなく、賭けをする際には必ずチップを使用します。

メリット3:ホイールレイアウト

ヨーロピアンルーレットのホイールは、黒18個、赤18個、緑の「0」1個の合計37個のポケットがあり、アメリカンルーレットは赤18個、黒18個の合計38個のポケットがあります。
残りの2つは緑色で、1つは0、もう1つは00です。

メリット4:勝率

ヨーロピアンルーレットでは、黒か赤に賭けるので、勝率は50%、アメリカンルーレットでは、「00」のポケットが追加され、勝率は50%を超えます。

ヨーロピアンルーレットと他のルーレットの違いは?

ルーレットの基本的なルールが同じでも、細かい部分で3つのルーレットに違いがあります。
以下では、ルーレットの違いについてご説明します。

ベットの種類

すべてのベットは「インサイド」または「アウトサイド」と呼ばれ、それぞれのベットはボックスの内側または外側のように考えることができます。
インサイドベットは1~36の数字で、アウトサイドベットは数字の書いてある外側部分にある、赤、黒、2:1などにベットします。

トップラインベット

ヨーロピアンルーレットのトップラインベットは、8対1の配当で、フォーラインベットとも呼ばれます。

勝敗

選択した数字にボールが止まれば、賭け金の35倍を獲得できます。
赤または奇数の数字を選択し、それが当たった場合は、賭け金の2倍を獲得することができます。

ハウスエッジ

0 のポケットによるハウスエッジは2.7%で、一般に若干のハウスアドバンテージがあると考えられます。
これは、ボールが赤の数字に止まった場合、選択した数字に当るの可能性が35対1になり、勝率が上がることを意味します。

フレンチルーレットは、ヨーロッパ版やアメリカ版とどのように違うのか?

アメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレット、フレンチルーレットに違いについて詳しく解説していきます

違い1:ハウスエッジ

フレンチルーレットはヨーロピアンルーレットと似ていますが、賭け金の半分をプレイヤーに返す「ラパルタージュ」ルールにより、ハウスエッジはわずか1.35%で非常に低くなっています。

違い2:テーブルレイアウト

フレンチルーレットは、ヨーロピアンルーレットに少し手を加えたようなテーブルであることが、目に見えます。
テーブルレイアウトはフランス語で表記されています。

違い3:アウトサイドベット

フランス版でもアウトサイドベットは可能ですが、テーブル上への置き方が異なります。
ヨーロッパ版やアメリカ版ではテーブルの片側にベットを置きますが、フランス版ではテーブルの両側にベットを置くことになります。

違い4 :ベッティングルール

ラパルタージュとは、フランス語で「分け合う」という意味です。

ラパルタージュはプレイヤーのベッティングオッズを上げ、0のポケットの価値を半減させます。

アウトサイドのベットを選択し、ボールが「0」に止まり負けた場合、賭け金の半額が払い戻されます。
「エンプリゾン」ルールはもう一つの大きな違いで、ボールが「0」に止まった場合に「アウトサイドベット」で負けると、2つの選択肢が与えられます
。1つは、賭け金の半額を払い戻しされること、もう1つは、追加資金なしでもう一度ホイールに賭けることです。

違い5:エンプリゾンベット

「エンプリゾン」ルールで再度ベットする場合、クルーピアが新しいベットに「エンプリゾン」であることを示すマークを付けます。
エクストラベットで勝てば、希望の配当が手渡され、負ければベットは没収されます。
ただし、このルールはカジノによって異なることから、ボールが 0 に止まった場合のルールもカジノによって異なります。

違い6:簡単にプレイできる

フレンチルーレットは、他のルーレットテーブルの元祖と言われており、プレイが簡単とされています。
そのため、ルーレットの初心者の方は、まずフレンチルーレットをプレイしてから、他のルーレットに移行することをお勧めします。

アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレット、フレンチルーレットの違いとは?[

さらに詳しく違いをチェックしていきましょう。

違い1:テーブルのレイアウト

アメリカンルーレットのレイアウトは、「0」の横に「00」があるのが特徴で、それ以外の違いは特にありません。
ゲームプレイや「アウトサイドベット」ルールはヨーロピアンルーレットと同じです。

違い2:ハウスアドバンテージ

アメリカンルーレットでは「00」が追加されるので、ハウスアドバンテージが大きくなり、プレイヤーの勝率が下がります。
このルーレットでは、37個のポケットではなく38個のポケットがあり、ハウスエッジは5.26%です。

違い3:勝率

38個のポケットは、当たる数字を選ぶ可能性が圧倒的に低くなります。
それでも、1つの数字には、35対1の配当があります。
38個中18個が当選することになり、2対1と配当も同じです。

違い4:トップラインベット

アメリカンルーレットのトップラインベットは、ファイブナンバーベットとも呼ばれています。
ヨーロピアンルーレットの8対1に対して、アメリカンルーレットでは6対1の配当です。

違い5:ホイール番号の順序

ルーレットのホイールを見比べると、数字の並びが異なり、昇順にはなっていないことに気づきます。

違い6:ベッティングルール

アメリカンルーレットは、ボールが0に止まると、プレイヤーは賭けに負けることになります。
他のルーレットとは異なり、ギャンブラーは負けの損失を取り戻すチャンスがあります。

ヨーロピアンルーレットのハウスアドバンテージとは?

ヨーロピアンルーレットのハウスエッジは、36個の数字と緑色の 0 のポケットを加えた37個のポケットに由来します。
ギャンブラーは37のどの数字にも賭けることができますが、勝ち目は36対1ではなく、35対1です。
これにより、2.7%のハウスアドバンテージがあります。

ハウスエッジは、カジノにとっては、多くの時間ギャンブルをする人々からより多くの利益を得ることを目的としています。
ほとんどのルーレットで勝つチャンスがあるので、ほとんどのプレーヤーにとっては、ハウスエッジはそれほど重要ではありません。
ハウスエッジが勝利チャンスを提供し、プレーヤーは勝利の確率を引き寄せることができます。

アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットには、どのような種類のベット方法があるのか?

ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットには、様々な種類のベット方法があります。
ベットは、インサイドベットとアウトサイドベットに分類され、この2つのカテゴリーにはさらにサブタイプがあります。

アウトサイド

ルーレットを初めてプレイする場合は、アウトサイドベットに賭ける必要があります。
なぜなら、アウトサイドベットの方が少ないペイアウトで勝つ確率が高いからです。
ベット方法はよりシンプルで、特定の数字ではなく、複数の組み合わされた数字が対象となります。

レッドブラックベット

レッドブラックベットでは、次に当たる数字の色を予想します。
レッドブラックベットで勝った場合の配当は、1対1です。

オッドイーブンベット

オッドイーブンベットは、ボールがオッド(奇数)かイーブン(偶数)のどちらに止まるのかを予想します。
このベットの勝率は50/50で、配当は1対1です。

ハイローベット

リスクを避け安全なプレイをしたいプレイヤーには、このベットが適しています。

スピンを行い、その数字がローかハイかにベットします。

ローは1から18まで、ハイは19から36までです。同様に、50/50の勝率で、1対1の配当があります。

コラムベット

このベットでは、プレイヤーはテーブル上の選択した列に入る確率に賭けます。
例えば、2列目の2、5、8、11、14、17、20、23、26、29、32、35の数字にベットする場合です。
このベットに勝つと、2対1の配当が得られます。

ダズンベット

ダズンベットは12個の連続した数字にベットします。
これらは36のテーブル番号を3つのダースに分割したものです。
最初のダースは1~12の数字、2番目は13~24の数字、3番目は25~36の数字で構成されています。
勝ちとなった場合の配当は、2対1です。

インサイドベット

インサイドベットはハイリスクで、勝率も低いです。
最も重要なことは、インサイドベットで勝った場合、アウトサイドベットよりも配当が高いということです。
これらのベットは、テーブル上の36個の数字のうち、特定の数字の組み合わせに対して行われます。

ストレートアップベット

ストレートアップベットはよりシンプルで、ボールが止まる1つの数字を予想します。
出現確率は低いですが、35対1という高額な配当が得られます。

スプリットベット

テーブル上の隣り合った2つの数字にベットを置く必要があります。
例えば、8と9に賭けることができます。
プレイヤーは2つのボックスを区別するライン上にチップを置く必要があります。
このベットのペイアウトは17対1です。

ストリートベット

ストリートベットは、3つの数字の列を対象とします。
例えば、15、14、13に賭ける場合、チップを列の最後の数字のラインに置きます。
ペイアウトは11対1です。

コーナー/スクエアベット

スクエア/コーナーベットで勝つには、テーブル上の4つの数字に賭ける必要があります。
4つの数字が共有するコーナーにチップを置きます。
スクエアコーナーのペイアウトは8対1です。

コーナーベットは4つの数字に賭けるため、0、1、2、3のいずれかを選択する必要があり、フォーナンバーベットとは異なります。

アメリカンルーレットでは、このベットはファイブナンバーベットと呼ばれています。
ペイアウトは8対1です。

シックスラインベット/ラインベット

このベットは、ストリートベットと似ていますが、数字の代わりに隣接する2列にベットします。
例えば、4、5、6、7、8、0の数字に賭ける場合、2列の間の区切りラインのコーナーにチップを置きます。
このベットに勝つと、5対1の配当が得られます。

アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットの違いとは?

アメリカンルーレットとヨーロピアンルーレットには、以下のような点で微妙な違いがあります。

ポケットの数

この2種類のルーレットの最も顕著な違いは、ルーレットホイールのポケットの数です。
ヨーロピアンルーレットには、赤18、黒18、緑1の合計37の数字があります。
アメリカンルーレットの1から36までの数字と色は、ヨーロピアンルーレットのホイールと似ていますが、00と一つ多い緑のポケットがあります。
追加された 00 により、ポケットが多いほど、賭けたスロットにボールが落ちる確率が低くなるため、出現確率が若干下がります。

バスケットベット

アメリカンルーレットでは、00から3までの数字に賭ける「バスケットベット」を行うことができます。
ヨーロピアンルーレットでは、「00」のポケットがないため、このベットはできません。
バスケットベットを置くと、ハウスエッジは7.89%に上がり、6対1という大きな配当が得られます。

ルールの違い

アメリカンルーレットには、ボールがゼロの上に落ちると全財産を失うというサレンダールールがあります。

これは、ブラック、レッド、ハイ、ロー、オッズ、イーブンのベットに適用されます。

ヨーロッパ版にはこのようなルールはありません。

ホイールの配列

ヨーロピアンルーレットの配列は、特定のパターンに準拠しているわけではなく、イーブンとオッズが交互に繰り返されます。

従って、プレイヤーは常にブラックかレッド、オッズかイーブンのいずれかに賭けます。

ヨーロピアンルーレットには、賭けることのできる数字も表示されており、0はテーブルの一番上に緑色で表示されます。

個々の数字とは別に、異なるセクションにも賭けることができます。

一方、アメリカンルーレットでの数字の並びはヨーロピアンルーレットとは異なる特殊なパターンに準じます。
先行する数字がテーブルに隣接していることがわかります。
同様に、表示されている数字が隣の数字に近い値を持っているので、高い数字と低い数字の間の劇的な違いはありません。