なぜポーカーではラビットハンティングと呼ばれる?


ラビットハンティングとは、ポーカーで使われる俗語で、フォールドをしてゲームから抜けたにもかかわらず、ハンドの残りを見る行為のことを指します。これはほとんどの実店舗やライブのオンラインポーカールームで見られる機能で、フォールドしたプレイヤーはショーダウンまたはゲーム終了までボードのランアウトの残りを見ることができます。

ポーカーではラビットハンティングと呼ばれ、勝てないゲームを追いかけることを意味します。フロップの前にフォールドしてしまうので、フロップ、ターン、リバーの後に自分のハンドがどうなっていたかを知ることができません。なお、ポーカーでのラビットハンティングは、カジノや管轄区域によっては禁止されているところもあります。

ポーカーにおけるラビットとは?

ラビットとはポーカーの用語で、ハンドが終了するまでに配られていない全てのコミュニティカードのことを指します。例えば、リバー(最後のコミュニティカード)が配られる前にハンドが終了した場合、ラビットと呼ばれます。また、この言葉はフロップ、ターン、リバーを表すこともあります。

テキサスホールデムにおけるラビットハンティングとは?

テキサスホールデムにおけるラビットハンティングとは、既にフォールドしたプレイヤーがボードの残り部分のランアウトを見ることを表す言葉です。つまり、既にフォールドしたプレイヤーが、最後までゲームに残っていたら自分のハンドがどうなっていたかを確認しようとする行為を表します。