パチンコ玉の値段はいくらなのか?パチンコについて徹底解説


パチンコで日常的に遊ばない人に関しては、パチンコ玉にどれくらいの価値(値段)があるのかわからないかと思います。

そんな方のために、本記事では、パチンコの価値(値段)に焦点を当てて解説していきたいと思います。

パチンコとは?

パチンコは日本で人気のあるゲームで、特別な機械の特定の場所に玉を入れることで、賞品やお金を獲得するものです。

娯楽としても、ギャンブルとしても遊ばれています。

パチンコは欧米のピンボールマシンのような外観で、ゲームに合わせて光や音が演出されます。 

現在、パチンコ業界は年間2,000億円の売り上げを誇っています。

これは、ラスベガス、マカオ、シンガポールを合わせた年間消費額の30倍です。

パチンコは日本の文化の大きな部分を占めており、GDPの4%にもなります。 

パチンコをするには、

まず店主から小さな鉄の玉をたくさん借ります。

そして、玉を機械に入れて、レバーを押すとパチンコ台の中のハンマーが動き出します。

金属製の軌道に沿って玉を発射し、玉が減速すると盤面に落下します。

盤面には金属製のピンが並んでおり、玉が跳ね返ってチャッカー(チューリップ)に入るようになっています。

チャッカー(チューリップ)に玉が入ると、抽選が始まります。

パチンコ玉の価値(値段)はどれくらい?

パチンコ玉1個あたりの金銭的価値(値段)はいくらなのでしょうか?

パチンコ店を歩いていると、多くの熱心なプレイヤーが、何千個もの玉をトレイに積んでいるのを目にします。

パチンコ玉の価値(値段)は4円で、税込みで4.32円になります。

しかし、最近では0.5円や2円程度の値段で玉を提供するパチンコ店も出てきており、より長く遊べるようになっています。 

パチンコ台は価値(値段)がある?

パチンコ台にはどれくらいの価値(値段)があるのでしょうか?

様々なプラットフォームで、新旧のパチンコ台が販売されています。

ほとんどのお客様は、装飾品やコレクションとして持ち込まれているヴィンテージのパチンコ台に価値を見出します。

  • 一般的に、ほとんどのパチンコ台は20ドル~100ドル程度の価値があります。
  • 希少価値の高いものは1000ドル以上にもなります。
  • 価格はパチンコ台の買取価格や、購入を検討する際の様々な要因に左右されます。 

    台の状態

    台の状態は価値に大きく影響するので、台がきれいか汚いかを確認します。

    台が汚れていると部品やレバーの動きが悪くなったり、玉がスムーズに流れなかったりするので、汚れた台の方が価格が安くなることがあります。 

    また、前部のクロームが光っているか、錆びているかを確認して下さい。

    前部にサビがあると見栄えが悪いですし、金属部分のサビは本来の機能を発揮できない原因となります。 

    作業性

    ほとんどの購入者は、購入後に修理をすることを望んでいないので、きちんと動作することは価格を決定する重要な要因となります。

    動かない台は直すことができますが、修理代が高くつきます。

    重度のダメージを受けた台はパーツマシンなので、ほとんどの購入者は台を動かすための部品として購入するかもしれません。 

    盤面

    パチンコ台の盤面は、見栄えの良いものでなければなりません。

    しかし、ピンや穴の周りが汚れているなど、外観上の問題を持っている場合があります。

    盤面のプラスチックラミネートが剥がれたままになっていないかチェックします。

    ラミネートが剥がれている台ではプレイできなくなります。 

    玉と付属品

    マシンには玉が付属しているのかも重要です。

    もうしそうであれば

  • 何個あるのか、そして清潔か?
  • 玉の自動供給装置、マニュアルの原本、台を開けるためのキーはあるか?
  • 台の底部に支持板や配線があり、キャビネットにきちんと取り付けられているか? 
  • これらはすべて、パチンコ台の価値を決める重要な役割を担っています。 

    パチンコ台の製造日を特定するには?

    パチンコ台の製造日を特定することは簡単ではありません。

    まず知っておくべきことは、パチンコ台には製造年が付いていないということです。メーカーは、売り上げが減少するまでパチンコ台の生産を続けました。

    最初のパチンコ台の製造年は1973年です。

    ここでは、パチンコ台の製造日の特定方法をご紹介します。

    有効期限タグ

    パチンコ台の製造年を特定する方法として、まず有効期限タグがあります。

    タグは接着剤や小さな釘、ホチキスなどで盤面に取り付けられます。

    これは、パーラーに台が設置されたときに、日本遊技関連事業協会が押す日付入りの認証スタンプです。

    ステッカーに記載されている日付は、様々なモデルが販売・認定されていた時期であるため、製造日よりも1年遅れていることが多いです。

    台によっては、認証を受けた年を示す長方形や円形のタグが付いているものもあります。

    ステッカーに小さく52と7の数字が書かれているのが分かるでしょう。

    52は1952年ではなく、昭和52年のことです。これを変換して実際の製造年を調べます。

    数字に1925を加えます。(例えば、ここでは1925+52=1977となり、タグは1977を示しています。)

    つまり、この台は1977年にパーラーから撤去されることになっていたので、1976年に製造された可能性が高いです。

    パチンコ玉の価値はどのくらい?

    パチンコ玉はいくらくらいなのでしょうか?

    パチンコ台は、直径11mmの小さな鉄の玉を使用しており、店主がプレイヤーに貸し出しています。

    プレイヤーは各台で現金やプリペイドカードを使って玉を購入することもできます。

    パチンコ玉は、機種によって4円~100円の価値があります。 

    パチンコは玉という形で報酬を獲得して遊び続けることができるので、非常に中毒性があります。

    ゲームに夢中になっている人達は、毎日何千円も使っていて、玉の値段はあまり気にしていません。

    盤面を飛び回る小さな鉄の玉は、1個0.5円の価値があります。

    しかし、ゲームをするときには何百個も必要なので、税抜きで4円程度になります。 

    プリンコはパチンコがベース?

    プリンコはパチンコが元になっていると思っている人が多いですが、そうではなく、この2つは全く異なるゲームです。

    パチンコ

    パチンコは日本のゲームで、ピンボールとスロットの要素を併せ持ったものです。

    1940年代に人気を博し、現在の日本には12000軒以上のパチンコ店があります。

    ゲームを始めるには、小さな金属製の玉が必要です。

    店主から購入するか、現金やプリペイドカードをマシンに挿入して玉を入手します。

    レバーを使って玉を発射すると、玉は盤面を飛び回り、中にはボーナスエリアに落ちるものもあります。(そうすると、さらに多くの玉を獲得するチャンスを得ることができます。 )

    プリンコ

    一方、価格設定のゲームとしては「プリンコ」が人気です。

    このゲームでは、プレイヤーはプリンコチップと呼ばれる丸くて平らな円盤を使います。

    プレイヤーは、少額の賞金を使って最大4枚のチップを手に入れることができます。(賞金は1つずつ提示され、それぞれに2桁の価格と1つの誤った桁が表示されています。)

    プレイヤーはどの数字が正しいかを判断して、もう1枚のプリンコチップと少額の賞金を獲得します。 

    プレイヤーは獲得したチップをプリンコ盤の上に平らに置きます。(盤面にはペグが置かれており、各列は前の列からオフセットされています。盤面の下部には、100ドル、500ドル、1000ドル、0ドル、10000ドルの値を持つ9つのスロットがあります。)

    プレイヤーは賞金を目指してチップを並べ、迷路を滑り抜けてスロットに着地すると、賞金を獲得できます。 

    パチスロって何?パチスロ徹底解剖の記事もチェック!

    トップページに戻る