カジノ

【カジノの歴史】「カジノ」という言葉の意味の由来について徹底解説

伊藤

パチンコ・カジノが大好きな29歳。オンラインカジノが好きで、ここ5年ほどはオンラインカジノをメインにギャンブルを楽しんでいます。好きなゲームは、ブラックジャックとビデオスロット。

「カジノ」という言葉は1744年にイタリアで、ダンスをしたり、音楽を聴いたり、ギャンブルやスポーツをする公共の場という意味で使われはじめました。

イタリア語でカジノとはラテン語で家「カサ」という単語がルーツになっている言葉です。イタリアではもともと小さいな家、小規模なクラブ、田舎の家、別荘という意味で使われていたようですが、1820年頃から、ギャンブル用に作られた貴族の屋敷という概念が定着し始めたそうです。また、カジノという言葉は「カッシーノ」と呼ばれる1790年初頭によくプレイされていたカードゲームから由来したともいわれています。

 しかし、「カジノ」という言葉自体は昔から国や組織によって違う意味で使われていたようで…

  • キューバ:1950年代のキューバでは「男女ペアで踊るダンスのジャンル」
  • デンマーク:1848年のデンマーク首都コーペンハーゲンでは「劇場」
  • イタリア:カジノの語根となっているカサ キウサは「風俗」
  • 軍隊:ドイツやスペインの軍隊の俗語では、兵隊用の食堂、社交の場、寮など「汚い場所」

のように同じ「カジノ」という言葉でも、全く違う意味で使われていました。

カジノという言葉の意味の変化とその歴史

20世紀前と後の歴史を通して、カジノという言葉の意味がどのように変化して、今のギャンブル場という意味が定着したのかを見ていきましょう。

20世紀前

「カジノ」とはイタリア語でもともと小さな家という意味で、ラテン語で家「カサ」が語根となっています。

それがだんだんとイタリアでは、カジノとは大きな別荘の庭に娯楽を楽しむ社交の場として建てられたサイズの小さな別荘の別館という意味に変わっていきます。

このような経緯で、19世紀になってくると、「カジノ」はギャンブルが行われる公共の建物や部屋というような意味で使われるようになり、20世紀の頭には初のカジノがモンテカルロに建てられ、ギャンブル目当てに来るお金持ちの観光客の人気のスポットとして有名になりスロットやカードゲームなど「ギャンブルを提供する施設」という概念が定着するようになったと言われています。

19世紀には、すでにトランプが流通していたため、カジノは誕生当初からトランプを使ったギャンブルが行われていたと言われています。

トランプの歴史は、カジノよりもはるかに古く14世紀ごろから、遊ばれていると言われています。

今では、有名なギャンブルのメッカとなったラスベガスなどはもちろん、オンラインでも楽しめるたくさんのカジノが存在しています。

20世紀以降

「カジノ」といえば、ギャンブルをする場所だと思う方がほとんどだと思います。

しかし、キューバでは、有名な数種類のキューバのダンスを混ぜて1950年代に誕生した人気のダンスのジャンル名としてカジノという言葉が使われています。

カジノは一般的に男女1組のペアで踊りますが、何組ものペアがグループでパートナーを変えながら踊る「casino rueda(カジノルエダ)」と呼ばれるスタイルも存在します。

このスタイルのダンスは男らしさ、情熱、そして無鉄砲さなどを表現することでも有名で、ギャンブルという意味での「カジノ」を表現しているのではないかともいわれています。

このようにギャンブルをかっこいいものだと美化することは007などの映画でもよく見られます。

カジノフロアで高価なタクシードや華やかなドレスを着た人が、色とりどりのカクテルなどを飲んでギャンブルを行なっているシーンを映画で見かけますよね。カジノダンスという名前は、通称「casinos deportivos(カジノ デポルティーボ)」と呼ばれるキューバ人が余暇を楽しむためによく行くラテン系のダンスホールから由来しています。 

ちょっと話が逸れましたが、テクノロジーが進化するにつれて、「カジノ」の意味も変わってきています。

特に最近では、便利にプレイ可能で、しかもボーナスやフリースピンなど様々な特典がもらえるオンラインカジノが普及してきていますね。

オンラインカジノの歴史はまだ新しく、1994年にインターカジノという世界最初のオンラインカジノが誕生しました。それから年々たくさんの企業が業界に参入してきて、日本にも約15年ほど前から上陸しています。

当サイトでも、日本人にぴったりなオンラインカジノをランキング形式で紹介しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

プレイスタイルや資金の多さに関係なく、オンラインカジノでは、自分に合ったキャンペーンやプロモーションを使いこなして、お得にプレイすることができます。

もちろんオンライン上なのでランドカジノの様にドレスコードもなく、いつでもどこでもゲームを楽しむことができます。

さらに、オンラインカジノでは、VIPプレイヤーだけではなく、誰でも楽しめるゲームプレイ体験と質の高いカスタマーサービスを提供することに力を注いでいることで知られています。

昔は、様々な意味で使われていた「カジノ」という言葉も今では、「ギャンブルをする施設」という意味合いで使われるようになりましたね。

キューバでは今でもダンスのジャンル名だと理解している人も多いみたいです。 

カジノ用語について

カジノを始めたばかりの初心者の方は、カジノ用語がわからない場合が多いと思います。そんな方のために、よく使われるカジノ用語をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

よく使われるカジノ用語

  • バンクロール:ギャンブルでプレイヤーが使えるの資金の総額。日本でいう軍資金のこと
  • ブラックジャック:手札の合計が21を超えずに21により近づけた方が勝ちの人気のカードゲーム
  • ボーナス:自分のお金を使わずにゲームプレイができる特典や報酬など
  • ディーラー:カードをシャフルしたり、勝利金を配布するゲームの進行者
  • ハウスエッジ(控除率):特定のゲームでカジノ(ハウス)がプレイヤーより有利になっていることから発生する「胴元(運営者)の取り分」
  • オッズ:勝ち目(勝てる確率)
  • ペイアウト:勝った際の配当や支払い
  • スロットマシン:硬貨またはその代用品を入れて遊ぶギャンブル用の機械
  • テーブルゲーム:ブラックジャック、クラップス、ルーレットなどテーブル上でプレイするゲーム

カジノで勝ちたいという方は、還元率ハウスエッジについて詳しく知っておくのが大切なポイントです。遊びたいゲームでもハウスエッジが高かったら長期的には負けてしまう確率が高いので要注意です。

ハウスエッジとは、胴元の利益の取り分のことを指します。カジノもビジネスのため赤字経営をすることはありません

また、辞書で「カジノ」と引くと、「賭博を行う施設」と定義されており、今のところギャンブルを行う場所として、カジノの種類は大きく3つに分けられています。

  • オンラインカジノ–オンライン上でカジノゲームが楽しめるギャンブルサイト
  • ランドカジノ–カジノゲームがプレイできる典型的な賭博施設(実際の建物)
  • ライブカジノ–スクリーンを通して本物のディーラーがライブでプレイヤーと実際にふれあいながらゲームを進行してくれるギャンブルサイト

カジノの語源は?

カジノとはもともとイタリア語で小さな家という意味ですが、ギャンブルを提供する施設の概念を持つようになったのが1744年頃で、イタリアのRidottiと呼ばれる貴族専用の賭博場が閉鎖されたすぐ後のことだと言われています。

当時からイタリアでは、ギャンブルや賭け事が合法的に行われていたものの、その頃のカジノはギャンブルの他に、他社の交流を行ったり、スポーツをしたり、音楽を聴いたりと、「社交場」のような現在よりも広い意味を含む言葉でした。

今、私たちがよく知っている「カジノ」という単語は、ラテン語の「カサ(山小屋)」が由来です。このラテン語のカサという言葉が、イタリアの北部の一部地域で、家という意味で使わるようになり、最終的に18世期の中頃からイタリア全域で、今の「ギャンブルを提供する施設」という概念が定着していくようになったと言われています。イタリアへ訪れた際にはぜひ、カジノに寄ってみてはいかがでしょうか。

「カジノ」という言葉はいつから使われはじめたの?

1744年頃に初めてカジノという言葉が使われ始めたという資料が残っていますが、もっと前から使われていたのではないかという説もあります。

1744年以前からカジノという言葉は、イタリア語で「casinò」小さな家を意味する単語として使われていました。そして後にイタリアで「casinò」は、大きな別荘の庭に建てる小さな娯楽用の建物という意味で使われはじめたと言われています。

これが今のギャンブル場としてのカジノの言葉の起源なのかもしれないですね。

この後もモンテカルロのカジノのようなヨーロッパ風をモデルにして、ルーレット、ブラックジャック、バカラなど様々なギャンブルゲームを提供するいわば、現代風カジノが次々と誕生していきます。

以降、カジノはギャンブルを提供する建物や施設という概念が完全に定着していき、今に至るということになります。

カジノに勝ちやすい曜日やイベント日はあるの?

カジノで勝ちやすい曜日や還元日のようなものはありません。

というのもカジノのゲームは全てルール設計の時点で還元率が決められてしまっているため、カジノ側がいくら還元したくてもできないです。

パチンコやパチスロは、店側が派手に出玉を出すことが可能ですが、カジノでは不可能です。

オンラインカジノのボーナスってなに?

オンラインカジノで遊んだことがない人には、馴染みがないかもしれませんが、ほとんどのオンラインカジノはボーナスというものをプレイヤーに配布しています。

オンラインカジノのボーナスとは、現金と同じようにゲームに賭けることができる特典です。

しかし、ほとんどのオンラインカジノは、このボーナスをそのまま出金させてくれません。出金には条件というものが付けられています。

勝ったボーナスでさらに遊び続けて、最低〇〇ドルを賭けてくれたら出金してもいいよというものなので、達成するのは難しいですが、不可能ではありませんね。

カジノで楽しむために必要な軍資金はいくらくらい?

カジノと聞くとパチンコやスロットよりも高貴なイメージを持つ人も多いかもしれませんが、意外とカジュアルです。

カジノで勝負するための軍資金もゲームによっては、30ドル(約5000円)もあれば十分に楽しめるものもあります。

まず、カジノに訪れる前にはそのカジノのテーブルの最低賭け金をチェックしておくのがおすすめです。カジノによっては、1回のゲームで最低10ドルは賭けないといけないというところも多いので、前もってチェックしておきましょう。

オンラインカジノで仮想通貨は使えるの?

オンラインカジノによって対応している決済方法は異なるため、すべてのオンラインカジノで使えるわけではないものの、現在、ほとんどのオンラインカジノで仮想通貨が利用可能です。

仮想通貨決済のメリットは、入出金スピードが速く、匿名で決済が行えることです。

コインチェックなどのウォレットをもっていれば気軽に入出金が可能なのが魅力です。

オンラインカジノは本当に出金してくれるの?

オンラインカジノが出金してくれるのかについて気になる方も多いかと思います。

ただでさえオンラインカジノは、グレーゾーンなギャンブルなため、勝っても出金させてくれないのではないかと不安を感じる気持ちもわかります。

基本的にはしっかりと運営ライセンスを取得しており、合法的に運営されているオンラインカジノであれば、不当な理由で出金しないということはありません。しかし、ライセンスが確認できないカジノや評判が良くないカジノを利用してしまうと、ユーザーが必ず負けるようにイカサマが行われたり、いつまで経っても出金ができないというトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

ライセンスの規約違反となり、最悪オンラインカジノを運営することができなくなってしまうため、オンラインカジノ側そういった不正をすることはありません。

-カジノ