【カジノ】ブラックジャックでスプリットするタイミングは? スプリットを徹底解剖


オンラインカジノやカジノでブラックジャックを遊戯する人は多いかと思いますが、意外とスプリットするべきタイミングを理解していない方も多いと思います。

そんな方に向けてブラックジャックのスプリットについて解説していきます。

ブラックジャックでスプリットはいつすればいい?

ブラックジャックの主な目的は、足して21またはそれに近い数字になるカードを手に入れて、ディーラーを打ち負かすことです。ただし、21を超えると自動的にプレイヤーの負けになります。多くのプレイヤーが判断に迷うことの1つに、スプリットはどんなときにするかというものがあります。

6が2枚、8が2枚というように、同じ数字のカードが2枚ある場合はスプリットします。そうすると、1つのゲームとしてではなく、それぞれのカードで別々にプレイできるようになります。

2枚のカードをスプリットする場合、1つのハンドで元のベットをプレイし、ヒットまたはスタンドを継続しながら、2つ目のスプリットハンドに同じベットを置くことができます。1枚の追加カードに対して追加ベットを行う場合、ダブルダウンができます。スプリットすべき場合、そうでない場合について学びましょう。

スプリットすべきカード

スプリットすべきカードは以下の通りです。

エース

エースは、21をヒットしてディーラーに勝てる10大カードの1つであるにも関わらず、なかなか手に入らないカードです。エースが2枚以上ある場合は、必ず再スプリットしなければなりません。エースは1にも11にもなり、1つのハンドでは合計が12になるので、さらにヒットしても良い結果にはなりません。

同一の偶数カード2枚

8が2枚あると合計が16になるので、ディーラーにスタンドさせられる可能性があります。しかし、8を2枚使ってプレイすると、各ハンドで最大18となるので、21に近いです。

スプリットしてはいけないカード

スプリットするべきでないカードは以下の通りです。

9または10

9が2枚あると合計が18なので、ディーラーに勝てる強いハンドになります。そのためスプリットする場合は、10かエースをヒットしなければ、ディーラーに対して優位に立てません。同様に、10が2枚あれば合計が20になるので、ディーラーに勝つには好条件です。

スプリットするとそれぞれのハンドを改善することが難しくなりますが、ディーラーのアップカードが良くないと判断した場合は、高い数字のカードをスプリットできます。

プレイヤーのカードが5

5が2枚あると合計が10になり、ダブルダウンができるので有利です。ただし、5をスプリットすると高い数字のカードが必要になり、どちらの立場も複雑になるので負けやすくなります。

プレイヤーのカードが4

2~4を取れば18をヒットしやすくなりますが、スプリットするとどちらのハンドも低くなってしまいます。そうなると、10をヒットしても14しか出ないので不利です。

2はスプリットすべき?

2のペアを持っている場合、ディーラーのアップカードが4、5、6、7であれば、それに応じてスプリットすることが可能です。しかし、ディーラーのカードが8、9、10、エースのいずれかである場合は、自分のハンドをヒットしなければなりません。また、スプリット後にダブルダウンできるルールの場合は、ディーラーのアップカードである2と3に対してスプリットします。ディーラーのアップカード2〜7に対してダブルダウンが可能な場合はスプリット、そうでない場合はヒットするのが基本的な戦略となります。

エースに対して9をスプリットすべき?

9のペアを持っている場合は、合計18でスタンドするか、スプリットするかのどちらかを選択できます。基本的に、ディーラーのショーイングが2~6、8、9の場合はスプリットします。ただし、ディーラーのアップカードが7、10、エースのときの戦略は、次のように色分けしたチャートの通りになります。

  • P- スプリット
  • S- スタンド

ディーラーが2~6、8、9などのアップカードを示したときに9をスプリットすると、18でスタンドするより多くのお金を稼ぐことができます。一方、ディーラーのアップカードが7の場合、10を複数枚持っている可能性があるので、スタンドした方が良いでしょう。この場合、17が出る可能性が高く、18でスタンドすればディーラーに勝つことができますが、アップカードがエースの場合は、スプリットしても18でスタンドしても勝率は低くなります。それでも、長い目で見れば損失は少なくなるでしょう。

10はスプリットすべき?

多くのプレイヤーは最初に10をスプリットします。そうすると、高いハンドが2つになるので、ディーラーに勝てば賞金を倍増させることができるのです。ただし、より高いカードを引く確率が非常に低くなります。この場合、高いハンドを持つことはできず、負けたハンドのせいで賞金額が少なくなってしまいます。ディーラーとプレイヤーの両方が全カードを見られる場合、ディーラーの13、14、15、16に対して10をスプリットするのが基本戦略となります。

4はスプリットすべき?

4のペアを持っている場合、ドロー、ダブルダウン、スプリットのいずれも有効な戦略です。ただし、これはプレイするデッキの数によります。ディーラーのアップカードの価値、パックナンバー、ダブルダウン後のスプリットの有無など、4のプレイ戦略に影響を与える要素は数多くあります。

ダブルデッキの場合は、ディーラーのアップカードが5か6のときに4をスプリットします。それ以外では、ディーラーのアップカードが2、3、4、7、8、9、10、エースのいずれかの場合にハード8をスプリットします。

ダブルダウンは、プレイヤーが長期的に最も利益を得ることができるため、4のプレイ戦略としては最も効果的であると考えられています。4の基本的なスプリット戦略は次の通りです。

  • H- ヒット
  • Ph- ペアをスプリットした後、ダブルダウンできる場合はスプリットする
  • Pd- ペアをスプリットした後にダブルできる場合はスプリット、そうでない場合はハード8でダブルダウン

10に対して8をスプリットすべき?

ブラックジャックの基本戦略表によると、8はスプリットすべきカードです。例外は、ディーラーがソフト17をヒットした場合と、ディーラーのアップカードにエースがある場合です。ディーラーの10に対して8をスプリットするのは、ハード16をヒットした場合、エース、2、3、4、5に対して勝負しない限り、ヒットしてもバストする可能性が高くなるからです。しかし、1つのハンドで16をスタンドすると、勝率が下がってしまいます。8をスプリットすれば、ハード16でヒットやスタンドをするよりも損失が少なく済みます。

9はスプリットすべき?

9を2枚持っていると合計が18になるので、1枚引くだけで21を超えてしまうことがあり、最終的に負けることになります。そのため、9のスプリットはプレイヤーを有利にする最善策です。多くのプレイヤーは、ディーラーの弱いアップカードに対して、強いハンド2つで勝負します。

 

ブラックジャック記事一覧

おすすめオンラインカジノランキング