【ブラックジャック勝ち方】ダブルデッキのブラックジャック勝利の方程式を紹介


ダブルデッキのブラックジャックゲームの目的は、合計の数字が21を超えずに、21に近い数字を作ってディーラーよりも高いスコアを出すことです。

カードを引いて合計の数字が21以上になったら、手札はバーストとなり、あなたの負けとなります。

勝ったら、2倍になって賭け金が戻ってきます。

 

ダブルデッキのブラックジャックで勝つ方法は?

プレイヤーとディーラーの点数が同じ場合には、結果はプッシュ(引き分け)で、自分の賭け金が戻って来ます。
デッキにあるすべてのカードは、以下のもの以外は、カードの数字と同じ数値です。

  • エース(A)は、手持ちの手札によって1か11点となります。
  • 絵札(K、Q、J)と10は、すべて10点です。

ダブルデッキのブラックジャックで勝つためには、次のことを覚えておきましょう。

1.基本戦略を覚えて、それをやり通す

見えないカードは10で、統計的にオッズが高いということを想定する必要があります。
上記通り、2~9のカードは、その数字通りに計算されますが、10と絵札(J、Q、K)は10点です。エース(A)は1か11点です。

ダブルデッキのブラックジャックで完璧にプレイして勝つためには、基本戦略チャートを使いましょう。
ディーラーがヒットするのか、ソフト17(S 17)でスタンドするのかによって、2つのチャートがあります。

ダブルデッキ、ディーラーがS 17でスタンド

ディーラーがS 17の場合、これはエース(A)と6のカードを持っているという意味です。
つまり、ディーラーはスタンドしなければなりません。ダブルデッキのブラックジャックでは、手札が17以上であれば、ディーラーはスタンドする必要があります。

  • H – ヒット
  • S – スタンド
  • Dh – 可能であればダブル、できなければヒット
  • Ds – 可能であればダブル、できなければスタンド
  • P – スプリット
  • Ph – スプリット後のダブルが可能であればスプリット、できなければヒット
  • Rh – 可能であればサレンダー、できなければヒット
  • Rs – 可能であればサレンダー、できなければヒット

ダブルデッキ、ディーラーがS 17でヒット

ディーラーが、エース(A)と6を持っているなら、これはソフト17です。
手札がソフト17の時に限りディーラーはヒットし、他の手札で17の場合にはディーラーはスタンドします。
点数がかなり高いので、2~4のカードはディーラーに有利です。

例えば、ディーラーがエース(A)と6を持っていて、2・3・4のいずれかのカードを引いたとすると、エース(A)を「11」として計算し、点数はそれぞれ、(A-6-2) = 19、(A-6-3) = 20、(A-6-4) = 21となります。

ですが、ディーラーがもう1枚エース(A)を引いた場合には、最後のエース(A)を「1」と数えて、(A-5-A) = 17 となります。
ディーラーが配った他のどの「17」の手札もハード17となり、ディーラーはスタンドします。
例えば、10-7、J-7、Q-7、K-7です。
ディーラーが配った他のどの手札でも17以上であれば、ディーラーはスタンドします。

すべての変数は、Rpを除いて上記の変数とすべて同じです。
つまり、可能であればサレンダー、スプリット後のダブルが可能でなければスプリットということです。

2. 10点のカードや5のペアでは絶対にスプリットしない

1枚「10」を獲得する見込みがあるので、2枚の「5」で10となるカードではプレイしましょう。
ヒットすると「20」点になります。

インシュランス(保険)やお金をかけることをやめる

インシュランスで賭けると、持ち金をリスクにさらすことがあります。つまり、ディーラーが2枚のカードでブラックジャックとなる場合、合計賭け金の半分を賭けているということになります。

ですが、ゲーム中に何度もブラックジャックとなることは稀なので、インシュランスベットの賭けをすることは不要です。あなたの方に追加費用がかかってしまいます。

カジノオファーの報酬プログラムに登録

カジノは、プレイ期間や賭け金に対して報酬ポイントを提供しています。
ですから、報酬に登録していないなら、テーブルの上にお金を残していることになります。

ダブルデッキのブラックジャックをカウントできる?

はい、できます。ですが、スキルをマスターするためには、かなり練習が必要です。
簡単な手順でダブルデッキのブラックジャックをカウントする方法をここで見て行きましょう。

ステップ 1 – すべてのカードに数値がある

「ハイロー」は最も一般的なカウントシステムです。

  • 10、絵札 (J、Q、K)、エース(A)は、それぞれ -1としてカウントするハイカード
  • 2~6は、それぞれ +1としてカウントするローカード
  • 7 ~9 は、0としてカウント

ステップ 2 – ランニングカウント

カードが1枚配られたら、ディーラーがカードをまたシャッフルするまで、各シューターで見えるすべてのカードを足す/引くことで、ランニングカウントを続けます。

ステップ 3 – 実際のカウントを計算

実際のカウントは、残りのデッキでランニングカウントを割ることで計算できます。
1デッキ残っていて、ランニングカウントが5の場合、カードの残り52枚の中にまだ「10」とエース(A)が5枚あることが分かります。
それがプレーヤーの手札でエッジを置きます。

例えば、ランニングカウントが10で5デッキ残っている場合には、実際のカウントは2 (10 ÷ 5)です。

ステップ 4 – 実際のカウントが上下する時には賭け金を変える

ランニングカウントを続けることと実際のカウントは、ハウスエッジが自分に有利に動く時を知るために欠かせません。
カウンティングから得る情報を生かすためには、実際のカウントが上がった時に賭け金を上げましょう。
自分のカードが有利な時には大きく、カウントが良くないとか、どっちつかずの時には小さく賭けることができます。

ダブルデッキのブラックジャックは打ち負かせる?

ダブルデッキのブラックジャックではもちろん勝つことが可能です。ですが、さまざまな要因が関与します。鍵となるのはペネトレーションです。ダブルデッキのブラックジャックでは104枚のカードを使うので、ペネトレーションの追加カードがゲームに勝つのに大きな違いを作ることがあります。

ダブルデッキのブラックジャックでは、65%のペネトレーションは受け入れ可能、75%はすばらしい、80%以上は驚異的です。

例を見ましょう。ダブルデッキのブラックジャックで、ディーラーがA-6をヒットした場合、あなたは最初の2枚のどのカードもダブルにする、スプリット後にダブルにするなどが可能です。
1-8のベッティングスプレッドを使用すると、カジノはカードの50%だけを配り、あなたの長期的なエッジは約0.64%となります。

  • 60%のペネトレーションであれば、あなたの有利性は0.95%まで上がります
  • 75%の場合には、1.47%になります

シングルデッキのブラックジャックをプレイした方が良い?

シングルデッキのブラックジャックの明らかな長所のひとつは、一番低いハウスエッジであるということです。ハウスエッジは0.15%で、カジノとほぼ互角の状態になって勝ち目が上がります。ですが、低いハウスエッジの長所を生かすためには、確実にブラックジャックの基本戦略を理解しましょう。シングルデッキのブラックジャックのもうひとつの長所は、カードカウンターにあります。普通、カードカウンターは現在では6、8デッキシューターを取り扱っていて、有利なカウントをもっと長く待つ必要があります。一方、シングルデッキのブラックジャックでは、カードのカウント時に、有利なカウントを得るために長く待つ必要はありません。

これによって、もっと速く大きく賭けることができます。ですから、そうですね、上記の長所があるのでシングルデッキのブラックジャックをプレイする方が良いです。

ブラックジャックのDDとは?

ブラックジャックのDDとは「ダブルダウン」のことです。
ゲームの一番簡単な動きで、欠かせない戦略の一部です。
正しい方法で行うと、ディーラーの手札に勝つ見込みが上がり、勝つことが増えます。

ブラックジャック関連記事一覧

おすすめカジノランキング