ブラックジャック

[2024 Edition] A thorough analysis of the income of professional blackjack players!

ユメコ

カジノ歴3年。カジノが大好きで週末には、マカオや韓国まで遊びに行くことも。遊ぶゲームは専らブラックジャック。最近はポーカーも勉強中。

プロのブラックジャックプレイヤーの収入は、人にもよりますが、ラスベガスのカジノでブラックジャックをプレイする場合、プロプレイヤーは1時間あたり390ドル程度を稼ぐことができるそうです。

現代では、オンラインカジノでブラックジャックが遊戯可能なため日本国内からでもプロブラックジャックプレイヤーになることは可能ですね。

プロのブラックジャックプレイヤーの収入を計算するのが難しい理由

プロのブラックジャックプレイヤーには、収入という概念は存在しないに等しいです。というのもプロプレイヤーたちは、普通のサラリーマンのように毎月定額の給料をもらっているわけではないからです。

プロのブラックジャックプレイヤーは、独立した請負業者、フリーランサー、またはビジネスオーナーのようにお金を稼いでいます。そのため、報酬(勝利金)のために長時間働かなくてはいけない職業といえますね。

ブラックジャックのプロプレイヤーは、以下で紹介するような様々なテクニックやスキルを用いて、プラス収支に持っていくことで、生活しています。

スキルやテクニックに関しては、人によって練度が異なるので、プロプレイヤーの収入には大きな幅があり、明確な金額は計算できません。

人によって使うテクニックが異なる

プロプレイヤーがよく使う代表的なテクニックは、「カードカウンティング」ですね。このテクニックが使えるかどうかで、勝率が大きく変わるので、プロプレイヤーの収入に直結します。

カードカウンティングは習得するのにある程度の時間がかかるスキルですが、習得してしまえばカジノ側のハウスエッジ(控除率)を劇的に下げることができる必勝法です。

スキルの練度が人によって違う

ブラックジャックのプロプレイヤーは、カードカウティングの方法やベーシックストラテジーを完ぺきに熟知しています。そのため、バレバレなカウンティングをして、カジノを出禁になることはほとんどありません。

経験を積めば積むほど、スキルが上がり、稼ぎやすくなります。

プロは長時間プレイする方が勝率が上がる

やはりプレイ時間が長ければ長いほど、スキルも上達しますし、プロであれば、勝ち越せる確率が上がります。カードカウンティングをしているプレイヤーは特にプレイ時間が収入に直結してきます。ほとんどのプロプレイヤーは、1日に平均5時間プレイしていると言われています。

賭け額は高めの方が稼ぎやすい

期待値の高い賭け方をするプレイヤーは、長期的にみた時に、収支がプラスに転じる傾向にあります。例えば、カードカウンティングを用いることで、プレイヤーのエッジは1〜2%になります。つまり、長期間にわたってカードを数えながら10,000ドルを賭ければ、100ドル〜200ドルほどプラスになる確率が高いと言われています。

ブラックジャックの種類とルールがカジノや国によって異なる

基本的にプロプレイヤーは、ブラックジャックで稼ぐための立ち回り方を熟知しています。6/5ルールのような不利なルールのゲームを避け、少しでもプレイヤー側に有利なルールが設けられているテーブルを探しますが、国やカジノによっては、やはり圧倒的にカジノのハウスエッジが高い場合があり、そういう地域のプロプレイヤーは稼ぎづらい傾向にあります。

プロのブラックジャックプレイヤーの収入の計算方法

プロプレイヤーは、自分のプレイに対する大まかな期待値(EV)を常に計算し続けています。期待値が高ければ高いほど、リスクは低くなり、プレイヤーは最終的に、大きく勝ち越せる可能性が高くなります。

常に期待値の高い立ち回りをしていても、もちろん負けることもあります。

それでも長時間プレイしていると、プロの場合は勝ち越せることがほとんどです。

カードカウンティングをした場合、マイナスカウントは期待値が低く、プラスカウントは期待値が高いです。こういった知識を持っていれば、期待値に基づいて次のアクションを起こすことができます。

期待値がマイナスであれば、賭け金を小さくするか、サレンダーします。逆に、期待値がプラスの場合は、賭け金を最大にするのが効果的です。プロのブラックジャックプレイヤーは、このようにしてカードをカウントしながら、着実にブラックジャックでお金を稼いでいるのです。

期待値の概念を用いれば、プロのブラックジャックプレイヤーのおおよその収入を計算することができます。例えば、デッキぺネトレーション68%かつ1ベット100ドルのユニットベットでベットスプレッド1-5の場合、1時間に平均180ハンドを賭けることができます。それに、カードカウンティングシステムであるHi-Opt IIを使えば、1時間に390ドルほどの収入を得ているということになります。

そのため、ブラックジャックプレイヤーは、かなり大きな金額を稼ぎ出しているということになりますね。

ブラックジャックで生計を立てることはできる?

ブラックジャックで生計を立てることは可能です。ただし、ブラックジャックで生計を立てるためには、ブラックジャックのベーシックストラテジーに沿ったプレイやが必要不可欠です。

バンクロール(軍資金)をきちんと管理することやカードカウンティングを行い、期待値が高い局面で大きく賭けることなどが大事になってきます。

逆に、期待値が低い時には、ベットを小さくしましょう。

また、ブラックジャックのベーシックストラテジーをマスターすることで、凡ミスを減らすことができるので、稼ぎたいという方は、必ずベーシックストラテジーを覚えましょう。

稼ぐためにはベーシックストラテジーがかなり大事!

ブラックジャックで本気で稼ぎたいなら、ベーシックストラテジーは不可欠です。ブラックジャックのベーシックストラテジーの表では、どのような局面で、どういったアクションをすれば期待値が高いのかを示してくれています。

ディーラーのアップカード7-10に対して16を持っているときや、ディーラーの12に対して14を持っているときにどうすればいいのかなど、戦略がすべて確認できます。ベーシックストラテジーは、統計的に計算し、最善の立ち回りを教えてくれる表ということですね。

ベーシックストラテジーとカードカウンティングを組み合わせることによって、デヴィッド・スクランスキー(David Sklansky)といったトッププロたちは、過去に100,000ドル以上の大金を稼ぎ出したと言われています。

ここで重要なポイントは、ベーシックストラテジーはブラックジャックのハウスエッジを多少下げてくれるだけということです。

そのため、カードカウンティングも併用することが大切です。ブラックジャックのオッズをカジノ有利からプレイヤー有利に変えることができる、数少ない戦術の一つなのです。

現在、オンラインカジノが全米のほとんどの州において合法的に認められはじめていることから、アメリカのプロプレイヤーは、今後ランドカジノからオンラインカジノへ主戦場を移すと思われます。オンラインカジノでも、ブラックジャックのベーシックストラテジーを守り、軍資金管理を怠らないことが重要です。

カードカウティングはブラックジャックの勝率を上げるのに必要不可欠

ブラックジャックのベーシックストラテジーとルールを習得したら、もう一つの武器として、カードカウンティングをマスターしましょう。カウンティングは、負ける確率を下げ、勝率を上げられるため、ほとんどのプロプレイヤーが使用しています。

カードを数えるとき、プロのカードカウンターは、マイナス(-)またはプラス(+)のカウントを使用して、シューの中身のカードを予想します。

そして、期待値に応じて、賭け金を下げたり上げたりするのです。具体的には、カジノが有利になりそうなときには、最低賭け金しかかけないようにします。

今後詳しいカードカウンティングの方法を紹介するので、そちらもチェックしてみてください。

一方、自分に有利な時は、大きくかける必要があります。リスクを最小限に抑えながらも、ブラックジャックで稼ぎたいのであれば、ユニットベットのスプレッドを1-7に保つようにしましょう。ベットスプレッドを1-12(または100ドル〜1,200ドル)にすると、稼ぎやすくなりますが、同時に大きなリスクも伴います。

カードカウンティングのデメリットは、カウントがプレイヤーに有利なときに、突然100ドルから1200ドルにベットを上げると、カジノのセキュリティスタッフやピットボスからの注目を集めてしまうこと。

プレイヤーがカジノ側よりも有利であるときに、一貫して大きなベットをすることは、トラブルの元となり得ます。カードカウンティングは、カジノ側にとっては、都合の悪い戦略であり、イカサマのようにみられています。なので、最悪の場合、出禁になってしまうことがあるので、注意が必要です。

ブラックジャックで生計を立てるコツ

ブラックジャックで生計を立てたい方は、ここから紹介するコツを覚えておきましょう。

カードカウンティング中は周りに溶け込む

ブラックジャックのプロプレイヤーとして生計を立てるには、カウンティングがかなり大事になってきます。しかし、前述したように、カウンティングは、出禁のリスクが常に付き纏うので、カジノ側に目をつけられないように注意をそらすようにしましょう。カジノのゲームテーブルには、監視カメラが、複数台設置されていますし、ディーラー以外に監視役がいる場合もあるので、派手な動きは避けるようにしましょう。

カジノスタッフに目をつけられないようにするコツは以下の通り

  • 複数のカジノでプレイする(例えば、ラスベガスのストリップのカジノを行き来したり、時にはアトランティックシティに足を運んだりする)
  • ピットを定期的に変える
  • 時間帯を変えてプレイする
  • プレイ時間は30〜45分と短くする
  • フリードリンクは一口だけ飲む
  • ベットのバリエーションは自然に見えるようにする
  • 連勝中は高額チップをポケットに入れる
  • 人混みに溶け込むよう、目立つ服装はしない
  • ディーラーやウェイターには必ずチップを渡す

ディーラーのアップカードは必ずチェックする

ご存じの通り、ブラックジャックの目的は、バーストせずにできるだけ自分の手札を21に近づけることです。また、自分の手札が悪くても、ディーラーがバーストすればプレイヤー側の勝利となります。

そのため、ディーラーのアップカードを常にチェックし、ベーシックストラテジーに沿ったアクションをするようにしましょう。

小さな賭け金から始める

ブラックジャックのテーブルに初めて座ったときは、少額のベットからプレイを始めるのがおすすめです。最初の数ハンドで、ゲーム、ディーラー、テーブル、自分のカウンティングの正確さを確認するのがベストでしょう。

期待値を上げるためにも、ベーシックストラテジーをマスターすることと正確なカウンティングができるようになってから、大きく賭けるようにしましょう。

ブラックジャックで稼ぐために「するべきこと」と「するべきでないこと」

ブラックジャックで稼ぎたいという方は、するべきこととしてはいけないことを把握しておくようにしましょう。

ブラックジャックのプレイですべきこと

まずは、ブラックジャックプレイ時にするべきことを紹介します。

良いブラックジャックテーブルを見つける

良いブラックジャックテーブルは、プレイヤーの数は多いですが、マナーの悪いプレイヤーはあまりいません。そういったテーブルをまずは探しましょう。

見つかったら、そのテーブルのルールを確認することもお忘れなく。ナチュラルブラックジャックに対して3:2の配当があるテーブルでプレイするのがおすすめです。

バンクロール管理をマスターする

 ユニットベットをすぐに設定し、予算を守りましょう。負けても気にならない金額までしか賭けないことが大切。勝率と損失額の上限は、いつもゲーム開始前に設定し、収入目標に沿うようにしましょう。

カードの数え方を学ぶ 

ブラックジャックにおけるカードカウティングのやり方については、ゆっくりと時間をかけて学ぶべきです。Hi-Lo、Hi-Opt I、Hi-Opt IIなど、有利なカードカウンティングテクニックとシステムをマスターしましょう。

ベーシックストラテジーを学ぶ

ブラックジャックのベーシックストラテジーを使えば、カジノのハウスエッジを確実に減らすことができます。ベーシックストラテジーを学ぶことで、ただの推測でプレイする必要がなくなるだけでなく、勝率を上げることができるでしょう。

複数のカジノでプレイする

さまざまなカジノや場所で、異なるブラックジャックの経験を重ねましょう。そうすることで、自分の好みに合ったブラックジャックゲームと賭けスポットを見つけることができます。

キャッシュバックや特典を利用する

オンラインカジノのボーナス、フリースピン、ロイヤリティーリワードを利用することで、お得に稼げることがあるので、キャンペーンを頻繁にチェックするようにしましょう。

ハード11でダブルダウンをする

ハード11でヒットする代わりに、ダブルダウンをすることを常に考慮してみましょう。唯一の例外は、ディーラーがエースを持っていて、ソフト17でスタンドする必要がある場合。このケースでは、ハード11でヒットすべきです。

エースと8のペアは必ずスプリットする

ベーシックストラテジーでは、8とエースは必ずスプリットすることが推奨されています。

ブラックジャックのプレイですべきでないこと

次にブラックジャックプレイ中にしてはいけないことを紹介します。

他のプレイヤーに気を取られる

経験則によれば、何があっても、絶対に他のプレイヤーの話を聞かないこと。オンラインカジノでもランドカジノでも、ブラックジャックのテーブルにはさまざまなプレイヤーがいて、社交的になって友達を作るのは、いいことですが、アドバイスをしてきても自分のペースで賭けるようにしましょう。あまりにもしつこいようであれば、その場から離れてテーブルを変えることも考えましょう。

インシュランスベット

インシュランスベットは、ディーラーがエースのアップカードで21になる確率に見合わない、カモの賭けです。実際、エースのアップカードを示しても、ディーラーがバストする確率は17%です。

サイドベット

ブラックジャックでは、サイドベットは邪魔になるだけでなく、非常に高くつきます。サイドベットのオッズは高いですが、勝つ確率は低いです。ブラックジャックで生計を立てたいのなら、サイドベットは避けましょう。

お酒を飲んでプレイする

酔っぱらってプレイしたり、薬物を使っている中でプレイしたりすると、当然ながら判断力が鈍ります。そのため、ほとんどのカジノでは、賭けをする客に無料でアルコール飲料を提供しているのです。

プロのブラックジャックプレイヤーは儲かるの?

プロのブラックジャックプレイヤーは、カードカウンティングのような戦術を用いれば、お金を稼ぐことができます。平均して、プロのブラックジャックプレイヤーは時給390ドルほど稼いでいます。

ブラックジャックで一攫千金を狙うことはできる?

はい、ブラックジャックで一攫千金を狙うことは可能です。過去に、ドン・ジョンソン(Don Johnson)をはじめ、多くのプロプレイヤーがブラックジャックで大金持ちになりました。

ブラックジャックで大儲けした人はいる?

はい、ブラックジャックで一攫千金を叶えたラッキープレイヤーはたくさんいます。ここでは、特に有名な3名を紹介していきます。

ドン・ジョンソン

プロブラックジャックプレイヤーの収入解説 イメージ2

ドン・ジョンソンは、アトランティックシティの3つのカジノを相手に、6ヶ月間で 1,500万ドル以上のブラックジャック賞金を獲得したことで有名な人物です。

一度100,000ドルを賭け、8のペアを受け取り、それをスプリット。次の2枚のカードも8のペアであったため、もう一度スプリット。ディーラーは3回と2回カードをシャッフル。ドン・ジョンソンは両方のハンドでダブルダウン。ディーラーは10点札と2枚のカードが配られ、合計15となりました。この結果、たった1回の賭けで80万ドルを獲得したのです。

これが6ヶ月にわたる連勝の始まりでした。驚くことにも、カジノ側はドン・ジョンソンがカードを数えていないことを突き止めたのです。この衝撃的な連勝は、カジノ業界に壊滅的な打撃を与えました。大手企業シーザーズなどは、ドン・ジョンソンが世界各地の系列カジノに入店することを一切禁止したそうです。

ビル・ベンター

プロブラックジャックプレイヤーの収入解説 イメージ3

ブラックジャックのプロとして優秀で、かつ、寛大な性格のプレイヤーがいるとすれば、それは紛れもなく、ビル・ベンターで決まりです。

彼は非常に優れたアスリートであると同時に、慈善事業を強く推進しており、選挙活動に参加しています。その結果、正当な理由によってブラックジャックの殿堂入りを果たした、トッププロのブラックジャックプレイヤーの一人です。

プロとしてのブラックジャックのキャリアは順調でしたが、ある日、マキシムズ・クラブ・カジノにて通常のゲームでカードカウンティングしている姿が目撃され、そのキャリアは突然断ち切られることに。それ以来、ラスベガスのほぼすべてのカジノへの入場が禁じられました。現在は、ブラックジャックから競馬へと、活躍の場を変えて賭博を続けているようです。

ジェームス・グロージャン

プロブラックジャックプレイヤーの収入解説 イメージ4

ジェームズ・グロージャンは、ブラックジャックプレイヤーとして高く評価されており、トッププロの一人。

シカゴ大学在学中という、かなり若いときにブラックジャックに出会ったそう。『ビヨンド・カウンティング』と『エクジビットCAA:ビヨンド・カウンティング』という、2冊のベストセラー本も出版。作中では、ギャンブルにおけるアドバンテージプレイを数学的に説明しています。

また、ジェームズ・グロージャンはブラックジャックのプロプレイヤーとして、ハウスエッジを破るのが得意であっただけでなく、インペリアル・パレスに対する法的勝利や、シーザーズ・パレスに対する陪審員判決によって、ギャンブル界では有名となりました。

-ブラックジャック