ブラックジャック

オンラインカジノのブラックジャックはでイカサマ? 気になる疑問を解消

ユメコ

カジノ歴3年。カジノが大好きで週末には、マカオや韓国まで遊びに行くことも。遊ぶゲームは専らブラックジャック。最近はポーカーも勉強中。

簡潔に答えると、オンラインカジノはブラックジャックでイカサマをすることはありません。というよりかむしろ、イカサマをする必要がないと表現した方が正しいかもしれません。

イカサマしたり、不正したり、操作したり、修正したりする必要はないのですが、これには正当な理由があります。他のカジノゲームと同様に、オンラインブラックジャックにおいても、カジノ側には統計的に1〜2%のハウスエッジがあるからです。

ハウスエッジとはカジノ側が利益を取るための控除率です

ハウスエッジがあるため、イカサマをしなくてもカジノ側は稼ぐことが可能です。

オンラインブラックジャックのハウスエッジはカジノに有利である

冒頭で説明したハウスエッジに関しては、ランドカジノだけでなくオンラインカジノで楽しめるオンラインブラックジャックにも当てはまります。ハウスエッジが存在するということは、カジノ側が利益をとれる仕組みになっています。

ブラックジャックはカジノが必ず勝つゲームなの?」と少しがっかりした方もいるかと思いますが、そういったことではありません。

例えば、日本人に身近なギャンブルであるパチンコ・パチスロを例に挙げます。パチンコにもハウスエッジが存在し、平均15-20%のハウスエッジが設定されています。

しかし、全く勝てないかと言われたらそういうことではありませんよね?もちろん、期待値を積めない立ち回り方をしていれば長期的に負けてしまいますが、期待値を積む立ち回りをしていけば、理論上勝ち続けることは可能です。

ブラックジャックなどのカジノゲーム全般にも言えます。プレイヤー側が何も考えずに立ち回ったら当然カジノ側が最終的には儲かるようになっていますが、プレイヤーが期待値を積みながら賢く立ち回れば、最終的な収支をプレスにすることは可能です。

もちろん1日単位では、プラスにならなくても1ヶ月・半年・1年と、どんどんプラス域に収束していきます。

上手く立ち回るということは、普通にブラックジャックをプレイした場合のオッズ以上に勝てるということです。

「ハウスがいつも勝つ」とよく言われるのは、このハウスエッジのせいです。カジノがブラックジャックを不正に操作したり、イカサマしたりしないのも、これと同じ理由です。カジノ側はすでにプレイヤーに対して大きなアドバンテージを持っているので、わざわざ不正をする必要がないのです。

乱数発生器のせいでオンラインブラックジャックのイカサマは難しい

オンラインブラックジャックが難攻不落でなかなかハッキングされない最大の理由は、乱数発生器(RNG)にあります。オンラインブラックジャックをプレイしているときに、エース6が出るか、8のペアが出るか、どのような方法で決められているのか、不思議に思ったことはありませんか?ゲームの結果を決めているのは、ずばりRNGです。

RNGとは、洗練されたコンピュータコード、アルゴリズム、またはソフトウェアのことであり、ブラックジャックのすべての結果を決定しています。仕組みとしては、ブラックジャックカード、スロットシンボル、ルーレット番号に関連する数十億の乱数を生成し、すべてのオンラインカジノゲームの結果を実際にコントロールしているのです。

中でも、オンラインブラックジャックのRNGは非常に複雑で、プロのハッカーであっても解読やハッキングを行うには数千年かかると言われています。ブラックジャックの結果が必ずランダムとなり、プレイヤー、カジノ運営者、ゲーム開発者など含めて、誰にも予測できないことを保証する役割を担っています。

NetEnt、Microgaming、Evolution Gamingといった開発会社は、オンラインブラックジャックとともに“Provably Fair”(プロバブリー・フェア)のソフトウェアを提供しています。このソフトウェアを使用すれば、プレイヤーはゲームが本当に公正であり、RNGが意図したとおりに機能していることを手動かつ個人的に確認することができます。

オンラインブラックジャックは独立した監査が行われている

オンラインカジノは、ブラックジャックでイカサマを行った場合、多くのモノを失うことになります。オンラインギャンブル界では、信頼こそが重要な通貨であるからです。信頼できないオンラインカジノだと疑われた場合、そのカジノはすべての顧客を失う可能性だってあります。

顧客からの信頼感を得るためにも、正規のオンラインカジノは、通常、eCOGRA、TST、GLIなどの「第三者機関」から、オンラインブラックジャックの独立したテストと監査を行っています。たいていの場合、ゲームのページや説明文にて、監査やテストの証明書に飛べるリンクが記載されています。

こうした独立した第三者機関は、通常、ゲームのRNG、ペイテーブル、セキュリティ対策、および透明性を高める側面について、監査し、検証し、真正性を確認します。この目的は、オンラインブラックジャックがプレイヤーにとって公平であることを確認するためです。

ブラックジャックのイカサマはオンラインカジノの規則に反する

eCOGRAなどの第三者機関は、すべての合法のオンラインカジノを監査するだけではありません。これらの機関もまた、管轄区域の政府公認ゲーミングライセンスと規制当局によって、厳しく管理されています。有名な例としては、マルタ・ゲーミング・オーソリティ(MGA)、マン島ギャンブル監督委員会、国家独占自治管理局(AAMS)、アルダニー賭博管理委員会(AGCC)、英国賭博委員会(UKGC)などが挙げられます。

アメリカ合衆国では、オンラインブラックジャックを提供するギャンブルサイトは、通常、ニュージャージー州ゲーミング執行部、ネバダ州ゲーミング・コントロール・ボード、イリノイ州ゲーミング・ボードなど、各州のゲーミング機関によってライセンスと規制が行われています。これらの規制機関は、オンラインカジノにギャンブルライセンスを認可すると同時に、すべてのカジノゲームが公正かつ安全に行われていることを確認するために、その運営を監督しています。

ブラックジャックやその他カジノゲームで不正行為が見つかった場合、そのオンラインカジノはギャンブルライセンスを失い、大きな罰則を受ける可能性があります。また、州のゲーミング機関は、違反したギャンブルサイトに対して、集団訴訟や刑事事件を起こすことを望む場合もあるかもしれません。したがって、オンラインブラックジャックの運営は厳しく監視されているため、ライセンスを取得しているギャンブルサイトでプレイすることをおすすめします。

ブラックジャックアプリは不正に仕組まれている?

信頼できるギャンブルサイトでプレイしている場合、ブラックジャックのアプリは不正に仕組まれていません。ただし、無料で遊べるブラックジャックアプリは、通常、練習用やトレーニング用として設計されています。こうしたアプリは完ぺきなRNGを使用しておらず、監査も規制もされていないため、すべてがグレーゾーンにあると言えます。

一方、通常版のブラックジャックのアプリが不正に操作されていないかどうか心配しているのであれば、その必要はないでしょう。これらのアプリは、デスクトップのカウンターと同じように動作します。検証可能なRNGと、100%ランダムかつ予測不可能であることを示す証明書を保持しています。

ブラックジャックのアプリを操作する必要はない

カジノ側はもっと儲けたいから、ブラックジャックのアプリはイカサマだ、といった横暴な主張があります。しかし、オンラインカジノやモバイルカジノは、ブラックジャックのアプリを不正に操作する必要はありません。ブラックジャックのオッズは、ハウスエッジのおかげで、すでにカジノ側に有利になっているからです。

あらかじめゲームに組み込まれたアドバンテージによって、十分な収益性が確保されているので、カジノ側は、ブラックジャックのアプリを不正したり、操作したりする必要はないのです。また、オンラインカジノは、インテグリティの保護に取り組まなければなりません。万が一、アプリの不正操作が発覚すれば、カジノの運営、プレイヤーベース、収益、すべてにダメージを与えることになります。

ブラックジャックのアプリはなぜイカサマだと疑われる?

私たち人間の脳というのは、常日頃から、オンラインブラックジャックを含むすべてのモノが自分たちの不利になるように仕組まれている、と信じ込ませるからです。とにかく人間の脳は、パターンを探すことを好みます。認知は、脳がどのように動作するかの基礎の一つであり、これはほとんどの状況において良いことではありますが、人間の脳は、接点がない場合でも点と点をつなごうとするので、実際にパターンがあるかどうかは気にしていないのです。

ブラックジャックでディーラーが何回ヒットしたか、ハンド11でダブルダウンして何回負けたか、そういった回数を無意識のうちに数えていたことはありませんか?もしそうなら、このパターン認識の意味が分かるはずです。プレイヤーがカジノアプリに不信感を抱きがちなもう一つの理由は、人間の脳は自分の見解を実証するために証拠を探し続けるからです。これは一部のプレイヤーにとっては驚きかもしれませんが、私たち人間は自分が正しいことを常に好みます。これは、脳が常に自分が正しいというサインを探し求めているからなのです。

もし、ブラックジャックのアプリがイカサマであると信じているのであれば、たとえそれが行き過ぎた想像であったとしても、脳はその主張を裏付けるパターンと証拠を自然と探し求めるのです!ここで、ブラックジャックのアプリが一度も不正をしたことがないと主張したいわけではありませんが、自分が見ているものが真実であり、ただ単に自分の想像力によって騙されているのではないことを確認する必要はあるでしょう。

オンラインブラックジャックのイカサマ考察イメージ1

カジノはどのようにブラックジャックでイカサマする?

カジノがブラックジャックで不正を行うことはほとんどありません。操作したり、修正したり、他の邪悪な手口を使ったりして、ブラックジャックでイカサマをする必要はありません。というのも、カジノ側はすでに1%〜2%のアドバンテージを有しており、これのおかげで、プレイヤーが100ドル賭けるごとに、1ドル〜2ドルの利益を得ることができます。

だからといって、ブラックジャックでイカサマする劣悪なカジノが存在しないとは言い切れません。実際、ライブカジノやランドカジノの中には、ブラックジャックでイカサマするために、以下のような手口を使うところがあります。

ディーラーが二番目のカードを配る

すでにご存知かもしれませんが、ディーラーはカードを配るとき、シューまたはデッキの一番上のカードをスライドさせなければなりません。しかし、イカサマをするディーラーは、一番上のカードがハウスにとって不利な場合、二番目にあるカードを配ろうとします。このイカサマ手口は「セカンドディール」と呼ばれています。ブラックジャックのテーブルでしっかりと注意を向けていないと、見逃してしまうので気をつけましょう。

例えば、一番上にあるカードが10で、ディーラーのアップカードがエースの場合、カジノは二番目にあるカードをプレイヤーに配ろうと試みます。見事ディーラーは10のカードを手に入れ、ナチュラルブラックジャックハンドを作るでしょう。ちなみに、このセカンドディールは違法とされています。

シュー/デッキスタッキング

シュースタッキングとは、価値の低いカード(2から6)をシューに追加することを意味します。これと同様に、デッキスタッキングとは、シングルデッキのブラックジャックで、カジノが価値の低いカードをデッキに加えることを意味します。これには、ちゃんとした理由があります。

•       価値の低いカードは、ディーラーがバストする確率を下げられるから

•       価値の低いカードは、プレイヤーがナチュラルブラックジャックを出す確率を下げられるから

残念ながら、カードを数えてはじめて、デッキやシューがスタックされていることに気がつきます。

器用で俊敏なディーラーや手先の早わざを使う

この方法は、熟練したディーラーがいるカジノで使われる様々なわざのことです。例えば、袖口から即座にカードを抜き取る、などがあります。

また、先に述べたセカンドディールもその一例です。この場合、ディーラーは人知れず上から二番目にあるカードを配ろうとします。

こうしたトリックは、カジノのディーラーに高度な能力が要求されます。たくさんの人の目がある中で、素早く、かつ目立たないように行わなければならないのです。

デッキ/シューからカードを抜き取る

ラスベガスのカジノやディーラーの中には、過去にブラックジャックのシューからカードを何枚か取り除いてイカサマ行為を行ったことが発覚した者もいます。例えば、エース、キング、クイーン、ジャック、10を取り除くことによって、ブラックジャックの確率を下げることができます。

選択的にシャッフルする

連勝しているプレイヤーがいると、そのプレイヤーのシューをシャッフルし直すという悪質なカジノもあります。これは、誰かがカードをカウントしていると疑われる場合にも行われるようです。

シャッフルの頻度を多くする、またはシャッフルを早くする

この方法は、ブラックジャックのカードシャッフルを超高速で行うというものです。カジノ側はブラックジャックでハウスエッジを持っていますが、シャッフルの頻度やスピードをさらに上げれば、プレイヤーからより多くのお金を獲得することができます。

カジノが使うその他のイカサマ

以下のようなイカサマ行為をするカジノがあります。

  • ホールカードの交換
  • カードのマーキング
  • ホールアウトシューの使用
  • シャフラーの中に不正な装置を仕込む
  • 勝利金を支払わない – これ自体は不正行為ではありませんが、不満を抱いているギャンブラーは多い

オンラインカジノはどのように不正を行う?

ブラックジャックやその他カジノゲームをプレイした経験からすると、正規のオンラインカジノはイカサマをしません。その理由は以下の通りです。

  • すべてのゲームで優位に立っていて、イカサマをする必要がないから
  • MGA、eCOGRA、UKGCなど、厳しい機関によって規制されているから
  • RNGを使用しており、不正を行うことが非常に困難であるから
  • GLI、eCOGRA、TSTなど、信頼できる第三者機関によって監査されているから
  • 顧客からの信頼を失うわけにはいかないから

オンラインブラックジャックは良い?悪い?

オンラインブラックジャックで遊ぶのは良いアイデアです。一体なぜか?オンラインブラックジャックでプレイするのには、以下のようなメリットがあります。

利便性

オンラインブラックジャックでは、いつでもどこでもお気に入りのカードゲームをプレイすることができます。モバイルを使って外出先から、居心地のいい自宅のリビングルームから、通勤途中からプレイすることが可能です。究極の利便性を求めるなら、オンラインで間違いありません。

高いオッズ

オンラインブラックジャックの多くは、ギャンブルサイト運営にかかるコストが低いため、より高いオッズを提供しています。例えば、実店舗カジノではRTP98%のブラックジャックゲームが、オンラインカジノではRTP99.5%となる場合があります。

安心できる資金管理

オンラインカジノでは、簡単に資金を管理することができます。うまく管理できていないときには、入金制限を設定したり、一時的に自己退会したりすることも可能です。

豪華な特典

オンラインブラックジャックのプレイヤーは、様々な特典やボーナスを利用することができます。新規登録ボーナス、入金ボーナス、フリースピン、キャッシュバック、ロイヤリティリワードなど、いろんな特典を活用し、ブラックジャックの資金とゲームチャンスを増やしましょう。

豊富なバラエティ

オンラインカジノでは、様々な種類やルールを持つブラックジャックにアクセスできます。バーチャルブラックジャックや本物のディーラーがいるライブカジノゲームから、好きなものを選べます。また、オンラインブラックジャックでは、5カードチャーリーなど、プレイヤーに有利なルールを取り入れることもできます。ここで残る最大の疑問は、オンラインカジノのブラックジャックは不正なのか?という点です。

オンラインブラックジャックは本当に勝てる?

はい、オンラインブラックジャックは、カジノ側に有利なハウスエッジが設けられていますが、勝つことは可能です。オンラインブラックジャックでの勝率を上げるには、以下のようなコツがあります。

有利なルールのゲームを選ぶ

ナチュラルブラックジャックをヒットしたときに、3対2で支払われるかどうかを確認しましょう。また、"ソフト17でディーラーがスタンドする"ルールや、"5カードチャーリー"ルールなど、他のブラックジャックゲームにも注目してみてください。

ボーナスを活用する

オンラインブラックジャックで勝つためには、ボーナス特典を活用し、なるべくカジノ側のお金を使ってブラックジャックをプレイしましょう。

インシュランスベットを置かない

インシュランスベットは、プレイヤーに利益をもたらしません。

基本戦略に従う

基本的なストラテジーチャートは、オンラインブラックジャックで勝つためのガイドラインをまとめたものです。ダブルダウン、サレンダー、スプリット、ヒット、スタンドなど、どのような状況ですべきかを教えてくれます。

練習あるのみ

オンラインブラックジャックは、結局のところ、戦略とスキルが問われるゲームです。体験版やトレーニング用アプリを使って練習を重ね、ゲームプレイを完ぺきにこなせるようになりましょう。

無料のブラックジャックアプリはイカサマか?

いいえ、無料だからといって、ブラックジャックアプリはイカサマではありません。無料のブラックジャックアプリでも、ブラックジャックの練習やスキルを磨くのに十分役に立ちます。

-ブラックジャック