ビンゴの勝ち方とは?ビンゴで勝つためのコツを解説します

ビンゴで遊んでる際にビンゴゲームで勝つ確率はどのくらいあるの?と疑問に思ったことがある方もいるかもしれません。

ビンゴは運の要素が大きいゲームなので、運が良ければ勝ち続けられますし、運が悪ければ負け続けてしまうゲームです。

しかし、少しの工夫をすることでほんの少し勝率を上げることが可能なゲームです。本記事ではビンゴで勝つ確率や勝ち方・攻略法をご紹介いたします。

最近では、海外のオンラインカジノでオンラインビンゴゲームが楽しめるので、本記事で紹介した方法を

ビンゴやオンラインビンゴで勝つためのコツや勝つ確率の計算方法などが気になる方はぜひチェックしてみてください。

ビンゴが遊べるおすすめオンラインカジノ

[crshortcode site1=”6224″ site9=”6232″ site3=”6251″ site4=”6315″ site5=”6320″ site6=”6325″ site7=”6330″ site8=”6333″ site2=”6336″ site10=”6340″]

ビンゴで勝率を求める方法とは?

実はビンゴの勝率は簡単に計算することが可能で、自身が持っているビンゴカードの枚数と配られたカードの枚数の合計を割るだけで勝率の計算ができます。例えば、自身が10枚のカードを持っており、全部で合計100枚のカードが配られている場合は、勝つ確率は100分の10、つまり10%となります。

ビンゴゲームでは、各プレイヤーは1枚から複数枚のカードを持つことが可能であり、それぞれのカードにはマス目に仕切られた数字が書かれています。 

一般的なビンゴカードでは、縦・横5マスずつ計25個のマス目に別れており、縦の列は左から右へ「B-I-N-G-O」という文字が当てられています。中央のマスには “フリー “や”Free Space”と表示された、フリースポットが配置されています。

ビンゴカードの画像

ビンゴカードで並んでいる数字には規則性が存在し、それぞれの列には以下の範囲内の数字が選ばれるようになっています。

  • B 列: 1~15のうち、いずれか5つの数字が入る
  • I 列: 16~30のうち、いずれか5つの数字が入る
  • N 列: 31~45のうち、いずれか4つの数字が入る (中央はフリー)
  • G 列: 46~60のうち、いずれか5つの数字が入る
  • O 列: 61~75のうち、いずれか5つの数字が入る

ビンゴゲームの勝率を求める際に難しい点があるとすれば全部で何枚のカードが配られたのか?という点です。対策としては、ビンゴをプレイしている人数と一人ひとりが持っているカードの平均枚数を掛けることでおおよその枚数を計算することができます。

しかし、ビンゴゲームの種類によっては勝つ確率を求めることができない場合がありますのでご注意ください。例えば、プログレッシブ・ジャックポット (賭け金の一部が、ジャックポットに割り当てられる仕組み) などが搭載されている場合は、毎ゲームで勝者が出ることはありませんので勝率を求めることはほぼほぼ不可能となります。プログレッシブ・ジャックポットが搭載されているビンゴゲームをプレイしたことがある方はご存知かもしれませんが、ジャックポットの当選確率はとても低く、実際にジャックポットが出るまで数ヶ月かかる場合もあります。

ビンゴカードの枚数と当選確率

ビンゴで勝率を上げるために最も簡単で有効な方法は、ビンゴカードをできるだけ多く購入することです。例えば、10人のプレイヤーがそれぞれ1枚ずつビンゴカードを購入した場合は自身の当選確率は10分の1となります。しかし、自身が11枚のビンゴカードを購入していた場合、当選確率は20分の10まで跳ね上がります。

また、オンラインカジノのビンゴゲームやオンラインビンゴでは現在行われているゲームで合計何枚のカードが使用されているかを確認することができます。配られているカードの合計枚数が把握できれば勝率を正しく計算することができますので、ぜひ活用するようにしましょう。他のプレイヤーがほとんどカードを購入していなければ、自身も多くのカードを購入せずに勝てるチャンスが大きくなりますが、人気のビンゴゲームでは他のプレイヤーがビンゴカードを複数枚、購入している場合がありますので、勝つためには自身も多くのビンゴカードを購入する必要があります。

まとめますと、

  • ビンゴではカードを多く購入すればするほど、当選確率は高くなる
  • 各ゲームで使用されているビンゴカードの総数が分かれば、当選確率や勝率を簡単に計算することができるようになる

ビンゴの種類と当選確率について

ビンゴには「30ボールビンゴ」「75ボールビンゴ」「90ボールビンゴ」と複数の種類が存在します。

ビンゴマシーンまたは乱数発生器 (RNG) からランダムに数字が選ばれるのは一緒ですが、それぞれのビンゴでは勝率や勝ちパターンが異なってきます。

ビンゴ抽選箱の画像

名前の通り、30ボールビンゴでは30個、75ボールビンゴでは75個、90ボールビンゴでは90個とボールの数は異なりますが、ゲームが進むに連れて残りのボール数が少なくなり当選確率が徐々に上がるという点は共通しています。

ビンゴの参加人数と当選確率

ビンゴオッズのアイキャッチ

上記でも触れた通り、ビンゴの当選確率は各ゲームで使用されているカードの総数を知ることで計算することができますが、参加者の人数を数えることで求めることも可能です。ビンゴに参加している人数が多いほど配られるカードの枚数は多くなるため、勝つためにはより多くのビンゴカードを購入する必要があります。

逆にビンゴに参加している人数が少ないほど、勝つ確率は必然的に高くなると言えます。ビンゴでは参加者が多ければ多いほど賞金も高くなるため、リスクも上がりますがもらえるリターンも大きくなるというのがビンゴの特徴の一つです。また、多くのビンゴではプログレッシブ・ジャックポットを採用しており、その場合にも同じことが言えます。参加者が多ければ多いほどジャックポットでもらえる金額も上がっていきますが、その分勝つ確率は低くなると言えます。

ビンゴで当選確率を上げるためには、ビンゴの賞金と参加者の人数が平均的なビンゴルームを見つけることをオススメします。プログレッシブ・ジャックポット付きのビンゴにもかかわらず、参加者がほとんどいない場合は当選確率も低く、もらえる賞金も少なくなります。さらにビンゴで勝つ確率を上げる方法として、1日を通して参加者の数がどのように変化するのかを確認することも重要となります。例えば、平日の日中は多くの方が仕事などで外出しているためビンゴをプレイしている人は少ない傾向にあります。一方、平日の夜や週末は参加者が多くなります。

ビンゴの参加人数と当選確率をまとめますと、

  • ビンゴでは参加者が増えれば増えるほど、より多くのカードが購入される
  • ビンゴに参加している人数を数えることで、大体の勝率を計算することができる
  • プログレッシブ・ジャックポット付きのビンゴでは、参加している人数が多いほど賞金額も大きくなる
  • 通常、ビンゴホールやオンラインビンゴは平日の夜や週末に参加者が多くなり、平日の日中は少なくなる傾向がある

ビンゴで出やすい数字はあるの?

もし、ビンゴで出る数字に偏りがある場合、たとえプログレッシブ・ジャックポット・ビンゴであっても勝率を上げることが可能となります。

しかし、ビンゴマシーンやビンゴの球に仕掛けや細工などがない限り、どの数字が排出されるのかは完全にランダムとなります。

大数の法則 (確率の法則) を知るためにコイントスをイメージしてみてください。例えばコインを3回ひっくり返し、表が2回、裏が1回出た場合には表が出やすいのでは?と思うかもしれません。しかし、同じコインを1,000回ほどひっくり返すと表と裏の出る回数は等しくなっていきます。これをビンゴに置き換えると次のようになります。

2時間ビンゴを行った結果、「B列の12番」が3回出たが、「B列の15番」は一度も出なかったとします。この際、「15番」があるビンゴカードは避け、「12番」があるカードを購入すればいいと思うかもしれません。ですが、何回もプレイを重ねるにつれ「12番と15番」の出る回数は徐々に等しくなっていきます。

ビンゴで勝つ確率を上げるためには?

ビンゴで確実に勝つ方法は残念ながら存在しませんが、他のプレイヤーよりも有利に進めることは可能です。

ここでは、ビンゴで勝率を上げるためのコツやヒントをご紹介します。

ビンゴで勝率を上げる方法①: 参加者は少ないほど良い

ビンゴゲームでは、カードの合計枚数が勝つ確率を決めるのに重要な要素となります。ビンゴホールやオンラインビンゴでは参加人数に関係なく、ジャックポットが出る確率は法律や規制により決められているため、参加者が少ないほど競争相手も少なくなるということになります。

オンラインカジノのスロットのジャックポットと仕組みは同じですね。

夜間や週末でも天候が悪かったりすると参加する人数は減りますので、そのような時にビンゴへ参加してみてください。また、ビンゴホールやビンゴ会場へ長く通っていると参加者が少ない時間帯がわかる場合もあります。各会場によって混雑する時間帯や曜日は変わってくるため、ゲームを始める前に下調べをすることも勝率を上げるためには重要となります。

注意点としては、参加者が少ないビンゴには理由があり、例えばもらえるジャックポットの金額が少ないといった場合があります。そのような時はリスクとリターンをしっかりと比較し、あまり「うまみ」がない場合にはプレイを避けるべきでしょう。参加者が少ないのも関わらず賞金額やジャックポットの金額が高いビンゴを見つけた際は、勝負をかけるチャンスと言えます。

ビンゴで勝率を上げる方法②: 早めにビンゴ会場へ到着する

ビンゴで勝つチャンスを増やすためには準備がとても大切になります。ゲーム開始の30分前には会場へ到着するようにし、カードの購入を行い、他のプレイヤーとの交流を楽しむなど、ビンゴを始めるためのセットアップを行いましょう。

ビンゴで勝率を上げる方法③: 数字がかぶらないように気を付ける

ビンゴでは、1枚のカードの中で同じ数字が重複することはありません。しかし、カードを複数枚購入する際には注意が必要で、なるべく数字がバラけるように購入した方が当選する確率は上がります。

ビンゴで勝率を上げる方法④: ビンゴカードが多いほど勝率も上がる

ビンゴをプレイする際には手持ちにあるカードの枚数が多ければ多いほど当選確率も上がっていきます(もちろん、賭け金もその分多くかかります)。また、カードの枚数が多いことでゲーム中の退屈をしのぐこともできます。ビンゴカードの枚数が多いことで勝率が上がる理由は以下の通りです。

自分を含め全部で100人のプレイヤーがビンゴへ参加しており、各プレイヤーはそれぞれ4枚のビンゴカードを持っているとします。カードの合計は400枚となり、その場合に自分が当選する確率は400分の4、つまり1%ほどになります。もし、カードを追加で購入し、合計20枚のカードで勝負した場合は、416分の20、約4.8%まで勝つ確率を上げることが可能となります。しかし、この方法のデメリットとして負けた際には失う金額も増えるというリスクがつくことには注意しましょう。

あまり賭け金を増やさずに勝率をあげたいという方には、他のプレイヤーが何枚カードを購入しているか確認し、平均枚数より少し多い枚数を購入することをオススメします。ビンゴでは、手持ちの資金内で無理せずにより長く、楽しみながらプレイすることも勝率を上げる方法の一つとなります。

ビンゴで勝率を上げる方法⑤: 同じカードを使い続ける

この方法は一部のビンゴホール・会場では使用できない可能性もあるため、事前に必ず確認してから使うようにしてください。

ビンゴホールや会場によっては、初めに購入したカードを引き続き他のゲームでも使用することができる場合があります。なるべく同じカードを使い回し、プレイを続けていればいつかは当たるため、結果的に勝率が上がると考えているベテランプレイヤーもいます。もちろん、大数の法則 (確率の法則) において全ての数字は同じ確率で出るため、いつかは当たるでしょう。しかし、”勝率”が上がっているかどうかには注意が必要です。

同じカードを使い続けるメリットは、並んでいる数字の配列を覚えることによって他のプレイヤーよりも早く数字を見つけることが可能となる点ではないでしょうか。

ビンゴで勝率を上げる方法⑥: ビンゴをプレイする時は飲酒を控える

ビンゴをプレイしながらお酒を飲むのはとても楽しいことだと言えます。しかし、ビンゴで勝つ確率を上げたい場合は常に注意力を下げないよう、飲酒はなるべく控えるようにしましょう。ビンゴゲームでビンゴにならずにゲームが終わることは一般的と言えますが、一番もったいないのは「ビンゴが出ているのに気づかない」ことです。そのようなことが起きないためにも、ゲーム中はなるべく集中力を切らさないようにしましょう。

ビンゴアイキャッチ

また、ビンゴでは最後まで諦めないことも肝心です。偶然かもしれませんが、常にポジティブでいる人には良いことが起こりやすいイメージがありますよね。また、狙ってる数字を深く想像することで、実現できると信じている人もいます。お金や労力もかからないので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ビンゴで勝率を上げる方法⑦: 攻略法を活用する

ビンゴゲームではボールが出る順番を変えたり、狙った数字を引くことは不可能となっています。しかし、ビンゴゲームでも勝率を上げるための戦略や攻略法は存在し、活用することで実際に当選確率を引き上げることは可能となります。

ここではビンゴゲームの攻略法を2つご紹介します。

1. ティペット理論

この手法は、イギリスの統計学者であるティペット氏によって開発されました。「ティペット理論」によると、数字は中央値による傾向があると言われており、例えばボールを75個使用する75ボールビンゴにおいてはゲームが長引けば長引くほど「38 (1から75の中央値)」の近くの数字に収束される可能性が高まるということになります。反対に短いゲームでは、外れ値である1や75に近い数字が多く出るという理論になります。この理論は、ビンゴだけでなく、ルーレットにも応用することができます。ルーレットには37個の数字があるので19に収束する可能性が高まるということですね。

この攻略法の使い方は簡単で、ゲーム時間が長引くタイプのビンゴをプレイする際には「38」に近い数字が多いカードを、短いタイプのビンゴには「1」や「75」に近い数字が多いカードを選ぶだけとなります。

2. グランビルの法則

こちらも勝率を上げるためによく使われる攻略法の一つであり、株やFXのトレーダーの中にはグランビルの法則を用いて値動きを予測する人もいるほど効果的な手法となります。グランビルの法則とは、ビンゴで引かれる数字はどれも等しい確率であるため、なるべく無関係で多様性の多い数字を含んだビンゴカードを選ぶべきというものになります。いくつか例を挙げてみます。

  • 数字の大小はなるべく等しくなるよう選ぶ
  • 奇数と偶数の数もなるべく等しくなるよう選ぶ
  • 1桁目の数字が異なるものを選ぶ。例えば5, 15, 25, 35, 45, 55, 65, 75が連続で来ることは考えにくいと思います

ビンゴで勝率を上げる方法⑧: カードに書かれている数字を覚える

ビンゴはスピード勝負のゲームとなりますので、数字が発表されたらすぐに自分のカードを確認する必要があります。オンラインビンゴでは数字が発表された瞬間に自動で確認を行ってくれますが、ビンゴホールや会場で行われるビンゴでは数字が発表された後、実際に自分の目で確かめなくてはいけません。

ゲームが開始される前に全ての準備を終え、余裕があればビンゴカードの数字も覚えることをオススメします。また、ビンゴをプレイする時は色付きのスタンプを持参することもオススメです。

ペンや鉛筆でも構いませんが、色付きスタンプを使用する方がすでに出た数字や狙っている数字を確実に確認できるようになるため、見逃さないためにもできる限り用意した方が良いでしょう。

ビンゴゲームで勝つコツは?

ビンゴには、カジノのポーカーブラックジャックのような戦略や勝率を上げるテクニックは存在しませんが、多少勝率を上げることは可能です。

勝つためのコツは以下の通り。

  • できるだけ多くのカードを購入する
  • 数字に偏りがないカードを選ぶ
  • ティペット理論やグランビルの法則といったビンゴの攻略法を活用する
  • 呼ばれた数字を見逃さないように細心の注意を払う
  • 色付きスタンプ・マーカーを使用する
  • 参加者が少ないビンゴゲームを選ぶ
  • オンラインやインターネットでビンゴの練習を行う

ビンゴゲームでは運とテクニックどちらが大事?

ビンゴはテクニックや技術よりも運を必要とするゲームになります。

ビンゴでよく出る数字は?

ビンゴではどの数字が出るかは完全にランダムであり、全ての数字が均等に排出されるようになっています。しかし、ティペット理論などによると、ゲームの種類と長さによって異なり、例えば短めの90ボールビンゴでは「1」と「90」に近い数字が多く出る傾向にあります。反対に多くのボールが出る長めの90ボールビンゴでは「45」に近い数字が多く出る傾向があります。