バカラ

ドラゴンボーナスバカラとは?確率やペイアウトを解説!

ユメコ

カジノ歴3年。カジノが大好きで週末には、マカオや韓国まで遊びに行くことも。遊ぶゲームは専らブラックジャック。最近はポーカーも勉強中。

バカラはブラックジャックと並びに大人気カジノゲームとして有名ですが、「ドラゴンボーナスバカラ(ドラゴンバカラ)」はご存じでしょうか?ドラゴンボーナスバカラは、通常のバカラに加えて、サイドベットによって配当が変わる特殊ルールが設定されています。

サイドベットとは「プレイヤー」「バンカー」「タイ」に賭けるメインベットとは異なり特定の条件に対して賭けるベット方法です。

バカラの遊び方は、シンプルなので初心者でもすぐに覚えられますが、サイドベットはゲームの種類によって賭け方が異なったりするので、少し複雑です。

しかし、心配いりません!本記事では、バカラ初心者でも簡単に覚えられるようにサイドベットの1つであるドラゴンボーナスについてわかりやすく解説していきます。

ドラゴンボーナスとは

ドラゴンボーナスとは、ナチュラルウィンまたは大きな点差を付けて勝ったときに配当が得られるサイドベットです。9点差で勝った場合、最高配当の30:1となります。

配当が大きいので稼ぎやすいのが特徴です。

最初のカードが配られる前に、プレイヤーはドラゴンボーナスの指定エリアに賭け金を置きます。すべてのベットは、そのドラゴンボーナスの指定エリアにチップを置くことで行われます。

自分または他のプレイヤーがバンカー、プレイヤー、タイに賭けたかどうかにかかわらず、ドラゴンに賭けることができます。同時に複数のドラゴンベットを置くことも可能です。例えば、バンカードラゴンボーナスとプレイヤードラゴンボーナスの両方に賭けても構いません。

ドラゴンボーナスの配当(ペイアウト)は賭けられた側の勝率によって異なります。例えば、ドラゴンボーナスに賭けた側が9点差で勝った場合の配当は30:1ですが、ナチュラルウィンの場合は1:1の配当となります。

ドラゴンで負けとなるのは以下の場合です。

  • 自分が賭けたハンドの方が点数が低い
  • ナチュラルウィンでなく、点差が4点未満(自分が賭けたハンドの方が1~3点高い場合でも負け)
  • バンカーとプレイヤーが同じ点数の場合は、勝ちでも負けでもない
  • サイドベットのカウントを記録し、プレイヤーに有利になるようにする

ドラゴンボーナスの特徴

サイドベットの一種であるドラゴンボーナスは、バンカーとプレイヤーのいずれかのナチュラルウィンか、4点以上の差で勝つことに賭けます。EZバカラのサイドベットであるドラゴン7が最も配当が高く、40:1となっています。

ドラゴンボーナスに賭けるには、指定されたエリアにチップを置きます。賭け金の最低額を満たしてさえいれば、プレイヤー、バンカー、タイを組み合わせて賭けることも可能です。

ドラゴンボーナスの配当

ドラゴンボーナスの配当は、点差スコアによって異なりますが、最も高いのは9点差でナチュラルウィンとなった場合の30:1です。

ドラゴンボーナスバカラのオッズはどのくらい?

ご存知の通り、バカラは賭ける対象によってオッズが異なるゲームです。

EZバカラでバンカーに賭けた場合、ドラゴンベットのハウスエッジは7.611%です。ドラゴン7のサイドベットで勝つ確率は約2.25%で、勝った場合の配当は40:1となります。

ドラゴンボーナスバカラ解説2

バカラは高いオッズと低いハウスエッジを持ち、賭け方の基本ルールがシンプルなので分かりやすいですが、EZバカラやプントバンコのように、ハイリスク・ハイリターンのサイドベットを採用しているバリエーションもあります。

最も一般的なサイドベットは、EZバカラのドラゴン7と、ドラゴンボーナスバカラのサイドベットで、特にオーストラリアやアジア諸国、オンラインカジノで人気が高く、ますます注目を集めています。

通常のバンカーとプレイヤーはオッズが固定されていますが、ドラゴンボーナスは点差によって配当が決まり、その差が大きいほど配当が高くなります。つまり、バンカーとプレイヤーのどちらがより高い点数を取り、ハンドを倒すことになるかに賭けるのです。

ドラゴン7の仕組み

EZバカラのサイドベットであるドラゴン7は、バンカーのカード3枚がちょうど7点になることに賭けるという分かりやすい仕組みになっています。例えば、バンカーのハンドがA-3-3という3枚のカードで勝った場合、サイドベットの勝利となり、合計が7点なので40:1の配当を獲得できます。

上級者の中には、JSTATなどのコンピュータープログラムやカードカウンティングシステムを使って、ドラゴン7が勝つ確率を分析する人もいます。例えば、下の表は、8デッキのシューでハウスエッジ7.611%の場合のカードの組み合わせを分析したものです。

勝ち負け配当組み合わせ確率還元率
勝ち40-1112,633,011,329,0242.253%0.901350
負け-14,885,765,264,174,33097.747%-0.977470
合計 4,998,398,275,503,360100%-0.076110

ドラゴンボーナスの仕組み

ドラゴンボーナスバカラ解説3

ドラゴンボーナスバカラでは、従来のバカラと同様に、バンカーとプレイヤーのいずれかに賭けます。バンカーに賭けた場合、バンカーの方が高い点数を取ると勝ちです。プレイヤーに賭けた場合も同様です。

従来のバカラと異なるポイントは、賭けたハンドが4点以上高い場合に勝ちとなるという点です。ナチュラルウィンの場合ももちろん勝ちです。

ドラゴンボーナスの賭け方

  • 最初のカードが配られる前に、指定されたサイドベッティングエリアにチップを置く
  • バンカーのドラゴンボーナスとプレイヤーのドラゴンボーナスの両方に賭けるなど、同じラウンドで複数賭けることができる
  • 他のプレイヤーがバンカー、プレイヤー、タイのいずれかに賭けていない場合でも、ドラゴンボーナスに賭けて構わない

ドラゴンボーナスの配当

ドラゴンボーナスバカラ解説4

ドラゴンボーナスはプレイヤーとバンカーのいずれかに賭けます。プントバンコなどにおけるドラゴンボーナスの配当は、以下の通りです。

  • ナチュラルタイ - 没収
  • ナチュラルウィン - イーブンマネー(1:1)
  • 9点差で勝つ - 配当30:1
  • 8点差で勝つ - 配当10:1
  • 7点差で勝つ - 配当6:1
  • 6点差で勝つ - 配当4:1
  • 5点差で勝つ - 配当2:1
  • 4点差で勝つ - 配当1:1

このペイテーブルはプレイヤーまたはバンカーのどちらかに賭けたサイドベットに適用され、上記以外の結果は、すべて負けとなります。

ドラゴンボーナスのハウスエッジ

従来のバカラはハウスエッジが低いですが、他のサイドベットと同様に、ドラゴンベットはハウスエッジに大きな影響を及ぼします。ドラゴンボーナスバカラでは、プレイヤーのハウスエッジは従来の2倍、バンカーは9倍以上にもなります。

8デッキのシューでは、各ハンドのハウスエッジは以下のようになります。

  • バンカー=9.373%(通常のバンカーでは1.06%)
  • プレイヤー=2.652%(通常のプレイヤーでは1.24%)

ドラゴンボーナスへの賭け方

ドラゴンボーナスバカラ解説4
  • ドラゴンボーナスと指定されたエリアにチップを置く
  • 従来のバカラと同様に、ディーラーがカードを配る

ドラゴンボーナスの勝利条件

ドラゴンボーナスの勝利の条件は2つあります。

  • 自分の賭けたハンドがナチュラルウィン
  • 自分の賭けたハンドが4点差以上で勝ち

ナチュラルウィン

  • 8/8または9/9のナチュラルウィン - 配当は1:1
  • ナチュラルタイ - 没収

ナチュラルウィン以外

  • 9点差で勝つ - 配当30:1
  • 8点差で勝つ - 配当10:1
  • 6点差・7点差で勝つ - 配当4:1
  • 4点差・5点差で勝つ - 配当2:1

プレイヤーが3枚目のカードを引く条件

プレイヤーが最初に引いた2枚の手札の合計が

  • 0、1、2、3、4、5である場合 - 3枚目のカードを引く
  • 6または7である場合 - スタンド
  • 8または9である場合 - ナチュラルウィン

バンカーが3枚目のカードを引く条件

  • プレイヤーの手札の合計が6または7である場合 - スタンド
  • バンカーの手札の合計が0、1、2、3、4、5の場合 - 3枚目のカードを引く
  • バンカーの手札の合計が6、7、8、9である場合 - スタンド

ドラゴンボーナスバカラでカードカウンティングはできる?

ドラゴンボーナスバカラ解説5

ドラゴンボーナスバカラでは、通常のカードカウンティングが可能です。バカラは通常6または8デッキが使用され、最後から数枚のところでカットされるのが一般的なので、カードカウンティングがやりやすいようになっています。

プントバンコやEZバカラなどのバリエーションでは、ゲームの進行が遅いのでカードカウンティングも簡単です。もちろん、ほとんどのバカラテーブルには過去のゲーム履歴を示す罫線が表示されているため、罫線を使ってゲームの進行を記録することも許可されています。

オンラインバカラであれば、カウンティングやゲーム履歴の確認などをパソコンやメモを使って簡単にできるため、オンラインバカラは勝ちやすいと言われています。

ハウスエッジが2.65%と低いので、カードを数えるときは、プレイヤー側のドラゴンボーナスベットに集中しましょう。基本的に、プントバンコや他のバリエーションでは大きなアドバンテージは期待できませんが、勝つことは可能です。

ドラゴンボーナスバカラで予想を当てるには?

ドラゴンボーナスバカラで予想を当てるには、以下のアドバイスを参考にしてみましょう。

  • ゲームの後半でしかドラゴンボーナスに賭けず、賭け金の上限をプレイヤー側に置くプレイヤーに注意する
  • ドラゴンボーナスに賭け、その合計金額が大きいプレイヤーに注意する
  • 通常のバンカーやプレイヤーよりもドラゴンボーナスに多く賭けるプレイヤーに注意する
  • カットカードの奥行きを26枚以上に広げる
  • プレイヤー側のペイテーブルを変えて、ハウスエッジを上げる

バカラの「パンダ」や「ドラゴン」とは?

パンダやドラゴンは、EZバカラのようなバリエーションに採用されているサイドベットです。正式にはそれぞれ「パンダ8」「ドラゴン7」と呼ばれ、賭け方は通常のバンカーやプレイヤーに似ていますが、バンカーが勝ってもハウスエッジは取られません。

-バカラ